ー 

Autoexe、マツダMX-30用パーツを新設定。ローダウンスプリング、ストラットタワーバーなど

Writer:横田康志朗 

 オートエクゼは、マツダMX-30用に「ローダウンスプリング」、「ストラットタワーバー」などの機能パーツを新設定し、オートエクゼ商品取扱店などを通じて発売する。

▲マツダ MX-30、ローダウンスプリング取り付けイメージ

 話題の新型車MX-30に早くもローダウンスプリングが新登場した。量産ダンパーとの組み合わせで車高を約20mmダウンさせる。適度なバネ定数アップと低重心化によりハンドリングを向上させ、フリースタイルドアが目を引く新種のSUVをよりスタイリングに引き締める。価格は¥36,000。

 ほかにもサスペンションパーツとして、車高ダウンした際にスタビライザの効果を適正化するアジャスタブルスタビライザーリンクや、スポーツスタビライザーなども用意する。

▲量産比車高-20㎜ローダウンのスプリングには2WDと4WD車用2パターンを用意

 AutoexeはMX-30用ボディの補強パーツも多数用意している。ボディパーツは、コーナリング中など路面からの入力によるボディ各部の僅かな歪みを抑えることで、サスペンションの追従性を増加させ、ドライバーとクルマとの一体感を高める効果を持つ。

▲ストラットタワーバーはスチール製1ピース構造2点式

 「ストラットタワーバー」は、剛性面で有利なスチール製ワンピース構造を採用。ボディの微細な歪みを抑制することでサスペンションの作動をサポート。正確なハンドリングに貢献する。価格は¥24,000。

ほかにもセンターフロアバー、フロアクロスバー、ロアアームバー(フロント)、トーションビームスティフナー、メンバーブレースセットなど各部パーツを用意する。

▲エアフィルターリプレイスメントは純正エアクリーナーボックスを活かした交換タイプ

インテーク用パーツとして「エアフィルターリプレイスメント」を用意。量産車のエアクリーナーボックスを活かし手軽にかつ効果的に吸気効率を改善する純正形状タイプ。通気性に優れた乾式フィルターは、エアフローセンサーへの影響が少なく、メインテナンスも容易。ディスポーザブル(使い捨て)タイプで価格もリーズナブルとなっている。価格は¥6,500。

▲AutoExeロゴ入りカーボンパドルシフトレバー

 インテリアをより際立たせるパーツとして、「カーボンパドルシフトレバー」を用意。量産ステアリングシフトスイッチに被せて装着する高品位なリアルカーボン製。適度な大型化により操作性を向上させる。スポーツドライビングにおける手応えを明確に、コクピットをスポーティに仕立てる。価格は¥15,800。

▲異彩を放つスポーツクロスオーバー。 DR-06 for MX-30 開発進行中!

AutoExeでは、MX-30を対象としたコンプリートチューニグキット“AutoExe DR-06”を鋭意開発中で、2021東京オートサロンで発表予定だとしている。

開発予定商品として、DR-06スタイリングキット(フロントアンダースポイラー/リアアンダーパネル/マフラーガーニッシュ/リアルーフスポイラー)や、ストリートスポーツサス・キット。プレミアテールマフラー、ストリートスポーツブレーキパッドなどが挙げられる。

マツダ MX-30 用新設定パーツ概要
https://www.autoexe.co.jp/?page_id=35393

関連リンク

関連記事

1

Related Articleビジネス × テクノロジーもっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年11月号

  • ・新型SUBARUレガシィ・アウトバック
  • ・Driving Report Special 新型トヨタ・ランドクルーザー、ライバル比較付き
  • ・SPECIAL FEATURE 国産スポーツ新世界

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る