ー 

ニスモ、性能を数値化した究極のレストアを目指す。R32/R33/R34スカイラインGT-R向け「NISMO restored car」をスタート!!

Writer:カー・アンド・ドライバー編集部 

 ニスモは、高い付加価値と品質、基準に基づいて性能を担保した、スカイラインGT-Rのレストアを開始する、と発表した。

 ニスモは、2017年11月より製造廃止となっていた純正部品の復刻販売を行う「NISMOヘリテージ」を日産との共同プロジェクトとして実施してきた。活動を進めるなかで、スカイラインGT-Rでのレース活動を支えたクルマ作りのノウハウや、ニスモ直営店で提供してきたメンテナンスやチューニングの知見、および技術を土台とした「ニスモが考えるレストア車」を新たに定義し、「NISMO restored car」の名称で立ち上げた。

 ニスモ直営店にてコンプリートカー販売と持込車への施工を実施する。

 ニスモが定義するレストア施工 とは、視覚的に綺麗にするレストアという一般的な考え方/手法を超え、「性能も可視化した形でレストアする」という新たな概念で行う。

 さまざまな状態で存在する施工対象車に対し、新車当時の性能に一定のレベルで戻すことを目的とした施工となり、さまざまな手法・技術・設備・施設等を活用した「ニスモにしかできない施工」だという。

 日産の直系であることを活かした、「性能の可視化」と「新車レベルの性能に近づける」を掲げる新たなレストア施工、「NISMO restored car」の基準は、世界的に新たな価値を獲得し始めたスカイラインGT-Rをはじめとする日本車を、より良いコンディションで後世へ残すことにもつながる活動だ、と考えているそうだ。

 とくにボディのレストアは、基準値に基づいたニスモにしかできないレベルの施工となる。各パーツについても日産で定められた点検や測定に準じ、すべてを数値化して性能を確認する。

 また、車両1台を構成するすべての部品について、継続、交換(部品番号含む)、点検、再塗装などの履歴を記録し、提示する。

1. ボディ:
 日産の実績をベースにしたニスモ基準で「ホワイトボディねじり剛性測定」と「ボディ寸法測定」を含めた修復を行い、劣化値修正がされた良好なバランスを維持した総合的な性能を確認。劣化したシーリングの再塗付後、車体全てを希望色で再塗装する。(オプション:電着塗装・メルシート交換)

2. エンジン:
 全分解でのオーバーホールとバランス取り後、ベンチ台上での性能測定とラッピングを行い、新車時レベルの性能が出ることを確認。(オプション:NISMOチューニング仕様へアップデート)
駆動系:作動確認・点検・分解洗浄・オーバーホール・消耗劣化部品の交換・塗装
制動系(オプション:希望の部位構成部品の追加交換)

3. 内装:
 クリーニング
 オプション:NISSAN GT-R(R35)の表皮を使い、インテリアをトータルコーディネートした張り替え。プラスティック部位の塗装リペア
電装系:導通作動確認・点検・消耗劣化部品の交換

4. 完成検査:
シャシダイナモメータでの性能測定後、ニスモのテストドライバーまたはプロドライバーによるチェック走行で、性能の最終確認を実施。

関連記事

1

Related Articleビジネス × テクノロジーもっと読みたい

What's News最新情報