ー 

トヨタ北米セールス、12月は20.4%プラス。電動車販売は82.8%の驚異的な伸び。結果として21年連続、電動車販売ナンバーワンを達成。

Writer:カー・アンド・ドライバー編集部 

 トヨタの北米を担当するトヨタ・モーター・ノースアメリカ(TMNA)は、2020年12月の販売台数が249,601台で、2019年12月と比較して数量ベースで20.4%増加したと発表した。

 コロナ禍の影響を受けた2020年の暦年では、TMNAは2,112,941台の車両を販売。これは、販売台数で11.3%の減少になる。

 注目すべきはハイブリッドの販売台数だ。12月のハイブリッド販売台数は合計50,649台となり、82.8%という驚異的な増加。2020年のハイブリッドの販売台数は合計337,036台、22.7%増加したという。

 ハイブリッド販売は、TMNAの2020年の販売量のほぼ16%を占めている。TMNAでは14車種のハイブリッドやFCVをラインナップ中だ。

 結果としてTMNAは21年連続、ハイブリッドやFCVを含む電動車販売でナンバーワンとなった。

 ちなみにカムリは19年連続で米国で最も売れている乗用車、RAV4は4年連続で米国で最も売れているSUV、タコマは16年連続ベストセラー小型ピックアップトラックになった。

 レクサスも好調で12月の販売台数は38,223台に到達、販売台数ベースで前年比8.2%増加した。

関連記事

1

Related Articleビジネス × テクノロジーもっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年9月号

  • ・新型フェラーリ296GTB
  • ・新型ロータス・エミーラ
  • ・最新 12テーマ ランキング大公開 2021上半期ベストモデル

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る