ー 

ピレリ、オールシーズンタイヤのラインナップ拡大を完了。パンクに備えるシールインサイドテクノロジーを搭載

Writer:カー・アンド・ドライバー編集部 

 ピレリのオールシーズンタイヤが、高まる需要に応えるべくラインナップを拡充した。新型は2種類で、日本市場への Scorpion Verde All Season SF スコーピオン・ヴェルデ・オールシーズン SF) の新規導入、および Cinturato All Season Plus (チントゥラート・オールシーズン・プラス)の新サイズ追加が実施された。

 オールシーズンタイヤは、極限の氷上性能や、長距離走行を求めないドライバーが対象で、冬季も夏季も安全を優先するドライバーに最適。この3年間で、オールシーズンタイヤに対するユーザーの関心が大幅に高まっている。

 欧州では2016 年~2019 年の間に市場が2倍に到達した。日本でもオールシーズンタイヤのニーズは高まっていて、ピレリはこれらの需要の増加に対応するために、Cinturato All Season Plus および Scorpion Verde All Season SF ファミリーの 16~19 インチに新たに22サイズを追加した。

 一部のサイズはシールインサイドテクノロジ ーを搭載。サイズ拡大によりピレリは潜在的なオールシーズンタイヤ市場の約 90%をカバーできるようになった。

 ピレリのオールシーズンタイヤは、厳冬時における極限の氷上走行や長距離走行は必要とせず、季節毎のタイヤの交換を行わずに一年中1セットのみのタイヤの使用を希望するドライバーへ向けて設計。サマータイヤ性能とウインタータイヤ性能を優れたバランスで提供するという。

CINTURATO ALL SEASON PLUS (チントゥラート・オールシーズン・プラス)

 Cinturato All Season Plus は、15~20 インチの乗用車用オールシーズンタイヤで、天候や冬タイヤ装着規制に煩わされることなく、主に都市部を走行するドライバー用に設計されている。

 従来の Cinturato All Season の進化型で、2本の太い縦溝と左右に伸びる横溝を採用した方向性パターンにより排水性を最適化。ハイドロプレーニング現象のリスクを低減する。

 革新的なトレッドパターンデザインは、車内外のノイズを低減し、かつ、ドライビングの楽しさを高める。さらに、3D サイプがトレッドブロックの動きを最適化して、ブレーキング時やコーナリング時のパフォーマンスを向上。このデザインは均一な摩耗を可能にし、タイヤ寿命を伸ばす効果も。降雪時はブロックが開いて雪を捉え、優れた接地性を発揮。

 優れた接地性により、Cinturato All Season Plus には「M+S マーク」と「スリーピークマウンテン・スノ ーフレークマーク」が付いている。これは、欧州において冬季用タイヤとしての走行性能基準が認められたタイヤの証として打刻される。

CINTURATO ALL SEASON PLUS (チントゥラート・オールシーズン・プラス) の日本導入サイズは165/70R14~225/55R19の幅広いラインアップを用意。Kカーやコンパクトカーからセダン、ワゴン、ミニバンなどに適合する。

SCORPION VERDE ALL SEASON SF (スコーピオン・ヴェルデ・オールシーズン SF)

 Scorpion Verde All Season SF は、SUVやクロスオーバー用オールシーズンタイヤ。夏と冬の両方のコンディションに適したタイヤで、「M+S マーク」と寒い気候下における安全性を示す「スリーピークマウンテン・スノーフレークマーク」が打刻されている。

 トレッドパターンとブロックのデザインは、降雪路面とウェット路面の両方で優れたハンドリングを提供し、高いトラクション性能と横方向の安定性、および低いロードノイズを実現した。また、長い摩耗寿命と低い転がり抵抗により燃費の節約に貢献する。

SCORPION VERDE ALL SEASON SF (スコーピオン・ヴェルデ・オールシーズン SF) の日本上陸サイズは235/60R16~275/45R20をラインアップ。SUVやクロカン4×4にマッチする。

<シールインサイドテクノロジー>
 Cinturato All Season Plus と Scorpion Verde All Season SF には、画期的なシールインサイドテクノロジーが用意されており、パンクが発生した場合でも、4mm以下の穴であればエアが漏れることなく内圧を保持し走行し続けることが可能。

 タイヤの内側に貼られているシーリング材がタイヤに穴を開けた異物(クギ等)を瞬時に包み込み、空気圧が漏れる事を防ぐ。異物が抜けた場合は、シーリング材が穴を塞ぐ。 このシーリング材は、ホイールを組む前のタイヤを保管している間にシーリング材の損傷や経時劣化を防ぐため、特別な保護フィルムで覆われている。 シールインサイドテクノロジーはさまざまなコンディションに対応する性能を持ち合わせ、かつ、パンクの際にも安全なドライブが続けられるよう開発された。

<ランフラットテクノロジー>

 Scorpion Verde All Season SF にはサイド補強型ランフラットの設定もあり、ドライビングの喜びを損なうことなく安全性を提供。 ピレリのランフラットタイヤは、パンクが発生した場合でも車を安定させるように特別に設計されており、ドライバーは最大 80km/h の速度で最長 80km の距離を安全に運転することが可能。 タイヤのサイドウォールに組み込まれた補強材により、タイヤの内圧が無い状態でも車の重量とそれによって作用するすべての負荷を支えることができる。

(*オールシーズンタイヤは、スタッドレスではありません。過酷な雪道や凍結路面ではスタッドレスタイヤをおすすめします。)

1

Related Articleビジネス × テクノロジーもっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年4月号

  • ・最新SUV徹底レポート
  • ・特集 2台の最新フレンチを楽しむ
  • ・特集 注目モデルの○と× 最新モデル試乗記

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る