ー 

新型「DEFENDER」が「ウィメンズ・ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー2021」において最高位賞受賞。

Writer:横田康志朗 

 ランドローバーの多目的SUV新型「DEFENDER」が「ウィメンズ・ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー2021」において最高位である「Supreme Winner」を受賞。同時に部門賞である「Best Medium SUV」を獲得した。

▲新型「DEFENDER」が「ウィメンズ・ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー2021」において最高位賞受賞

 「ウィメンズ・ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」は審査員が女性だけで構成された世界で唯一の自動車賞で、5大陸38の国や地域を代表する50人の自動車ジャーナリストによって、最高の最新モデルが選出される。アワードの結果は、国際女性デーである3月8日に発表された。

新型「DEFENDER」は、70年以上にわたってランドローバーが培ってきたパイオニア精神を忠実に守りながら、21世紀仕様のアドベンチャー(冒険)を再定義。その名前、形、性能のすべてがアイコニックなもので、「90」と「110」のボディスタイル、4種類のアクセサリーパックが選択でき、ユーザーがパーソナライズし、自らの世界を広げることが可能なモデルとなっている。

▲発売以来、世界中で50以上の世界的な賞を獲得しており、かつてないほど好調な売れ行きを記録

■ランドローバーのヴィークル・プログラム担当エグゼクティブ・ディレクターであるニック・コリンズ コメント
「『ウィメンズ・ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー』を受賞できたことはチーム全体にとって大変な栄誉なことであり、このように優れたクルマを生み出すために皆が投じてきた時間や努力が報われたと感じています。新型『DEFENDER』はすでに世界中で50以上の賞を獲得しており、これは当初から私たちが描いていた21世紀仕様の『DEFENDER』のビジョンが正しかったということを物語っています。ひと目で『DEFENDER』とわかるシルエットと最先端テクノロジーを組み合わせ、伝統を尊重しながら、ランドローバーが誇る走破性能を実現しています。」

■「ウィメンズ・ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」のエグゼクティブ・プレジデント、マルタ・ガルシア コメント
「伝説はランドローバーの『DEFENDER』によってアップデートされました。もはや、アマゾンを横断したり砂漠を走ったりするためだけのSUVではありません。新型モデルでは高級サルーンと同じくらい快適に旅にでることができます。最新のテクノロジーと快適性を高く評価し、『ウィメンズ・ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー』のベストカー・オブ・ザ・イヤーに選出させていただきました。」

 「DEFENDER」は発売以来、Top Gearの「カー・オブ・ザ・イヤー2020」、Motortrendの「SUV・オブ・ザ・イヤー2021」、Autocarの「Best SUV 2020」など、50を超える国際的なアワードを受賞している。

関連リンク

関連記事

1

Related Articleビジネス × テクノロジーもっと読みたい

What's News最新情報