ー 

特設Webサイト「NISSAN CUSTOMIZE 2021」の特別展示会を日産本社ギャラリーで開催

Writer:横田康志朗 

 日産は、オンライン上で公開している「NISSAN CUSTOMIZE 2021」の特別展示会を3月24日から4月23日*1まで、日産グローバル本社ギャラリーで開催すると発表した。本展示会では、日産車ならではのカスタマイズの魅力を期間限定でリアルにお届けする。

 「NISSAN CUSTOMIZE 2021」は、1月15日より公開している専用Webサイトだ。コロナ禍により中止となった東京オートサロン2021に出展予定であった日産の魅力溢れるカスタマイズモデルをオンライン上にて楽しむことができる。

 今回、その「NISSAN CUSTOMIZE 2021」にて公開している「NV350 CARAVAN OFFICE POD CONCEPT」や「NOTE PLAY GEAR CONCEPT」のコンセプトカーを始め、昨年7月に発表した、電気自動車の新しい扉を切り開く、全く新しいクロスオーバーEV「NISSAN ARIYA」、NISMOロードカーやプレミアムスポーティブランドである「AUTECH」のコンセプトカーなど、通常、日産グローバル本社ギャラリーでは目にすることが出来ないモデルを特別に展示。

 さらに、SUPER GT300シリーズチャンピオン車両「リアライズ 日産自動車大学校GT-R」や、トランスポータープロショップであるOGUshowとのコラボレーション車両である「NV350 CARAVAN ES MOBILITY CONCEPT」なども展示する。

*1 一部車両については展示期間が異なります。

▲NV350 CARAVAN OFFICE POD CONCEPT

 「NV350 CARAVAN OFFICE POD CONCEPT」は、真のプロフェッショナルのためのビジネスバン、「NV350キャラバン」にこれからの自由な働き方に合わせて好きな場所でデスクワークができる「オフィスポッド」を組み合わせたモデルだ。エクステリアは、フロント、リアのオーバーフェンダーやボディグラフィックをあしらい、オンロードもオフロードもこなせるオールラウンダーを表現。インテリアは、都会ではオフィスを車内に格納してプライベートで安全な空間、自然の中ではオフィスをバックゲートから引き出して広々とした開放的な空間を演出する。また仕事の合間にはゆったりとくつろげるよう、室内からアクセスできる贅沢なルーフバルコニーを用意した。

▲NOTE PLAY GEAR CONCEPT

 「NOTE PLAY GEAR CONCEPT」は、昨年12月にフルモデルチェンジを迎えた新型ノート e-POWERに、スポーティで存在感のあるアクセサリーを装備したコンセプトカーだ。エクステリアは、スポーティなエアロと17インチアルミホイールに加え存在感のあるルーフボックスを装着。ボディはマットダークグレイメタリックにマットピンクゴールドのアクセントカラーを配しワンランク上のパーソナライゼーションを表現。新型ノートe-POWERをより楽しむことが出来る、新しい形のカスタマイズを提案する。

▲NISSAN ARIYA

 日産初のクロスオーバーEV「日産 アリア」は、新開発の電動パワートレインにより、さらに進化した力強い加速と滑らかで静かな走りを実現する。また、最新の運転支援機能やコンシェルジュのようにドライブをサポートするシームレスなコネクテッド技術により、ドライバーと同乗者はラウンジのような心地の良い広々とした室内で、快適なドライブを楽しむことができる。

▲KICKS AUTECH

 「AUTECH」は、多種多様なカスタムカーづくりで蓄積してきたオーテックジャパン伝統のクラフトマンシップを継承しつつ、スポーティでありながら高級感漂うスタイリングが特徴のブランドだ。素材などの細部にもこだわりを持つカスタマーに向けた、プレミアムスポーティをコンセプトとしている。オーテックジャパン創業の地である湘南・茅ヶ崎の「海」と「空」のイメージから想起したブルーが、ブランドのアイコニックカラーにもなっている。今回、AUTECHブランドより3台を出展する。

 新型キックス「AUTECH」は、e-POWERの力強い走りとスタイリッシュなエクステリアデザインが人気のSUV「日産キックス」をベースに、さらに上質感や特別感を高めたモデルだ。エクステリアは、メタル調フィニッシュの専用パーツや専用デザインのアルミホイール、ブルーに輝くシグネチャーLEDとドットパターンのフォグランプフィニッシャーなどの採用により、よりスポーティなスタイルに仕上げた。インテリアは、ブルー/ブラックコンビレザレットシートや、ブルーレザレットドアトリムの採用、更にステアリング、インストパッド、アームレストにブルーステッチを施すなど、より上質な空間に仕立てている。

▲NOTE AUTECH

 「NOTE AUTECH」は、昨年11月にフルモデルチェンジをした先進コンパクトカー「日産ノート」をベースに、さらに高級感や特別感を高めたモデルだ。エクステリアは、ドットパターンのフロントグリルや専用デザインのアルミホイール、低重心とワイドスタンスを印象付けつつスポーティさを演出するメタル調フィニッシュの専用パーツ、ブルーに輝くシグネチャーLEDなどの採用により、個性豊かなスタイルに仕上げた。インテリアは、ブルー/ブラックコンビレザレットシートや、鮮やかな木目が特徴的なダークウッド調フィニッシャーの採用、更にステアリング、ドアトリム、アームレストにブルーステッチを施すなど、上質な素材とこだわりのディティール表現により、ワンランク上のエレガントな空間を演出している。

▲ELGRAND AUTECH CONCEPT

 フラッグシップモデルとなるエルグランド「AUTECH」は、ダーククロームフロントグリルや、メタル調フィニッシュの専用パーツを採用し、エルグランドの圧倒的な存在感を昇華させた堂々とした風格のあるスタイルが特徴だ。インテリアは、上質な本革と厚みのあるキルティングで仕立てたシートをはじめ、ステアリング、ドアトリム、シフトノブにブルーステッチを施すなど、細部にまでこだわりを尽くすことで最上の質感を追求している。今回、そのエルグランド「AUTECH」をベースに、日産GT-Rの足回りを融合したのが、ELGRAND AUTECH CONCEPT。プレミアムスポーティを象徴する究極のコンセプトモデルとなっている。

▲NISSAN GT-R NISMO

 国内最高峰のSUPER GTレースをはじめ世界のGTレースで数多くの実績を積み重ねてきたGT-R NISMO。その戦いにおけるノウハウの蓄積、そして、たゆまない技術の研鑽から2020年モデルのGT-R NISMOは生まれた。2018年のGT3レーシングカーから使用されている新型のターボチャージャーを採用し、アクセルを踏み込んだ際の加速レスポンスを向上。

 また、新開発の超高性能カーボンセラミックブレーキは、世界トップクラスの制動性能、サーキットにおける高Gでの効きの良さと一般道などでの低Gでのコントロール性の両立を実現している。さらに車両の軽量化、空力性能の向上などによりコーナリング性能も大きく向上させた。「NISSAN GT-R NISMO」は、超高次元のトータルバランスで、究極のドライビングプレジャーを提供する。

▲NISSAN LEAF NISMO

 「NISSAN LEAF NISMO」は、電気自動車ならではのダイレクトで俊敏な加速やスムースでのびやかな走りに、NISMOがさらなる磨きをかけて新次元のスポーツドライブフィールを実現したモデルだ。欧州テイストのクイックなステアリングレシオを採用するとともに、それに合わせたサスペンションのスプリング、ショックアブソーバー、バンパーラバーにもチューニングを施すことにより、高い直進安定性とハンドリング性能を実現。さらに、より力強い加速感を楽しめるようコンピューター(VCM)を専用チューニング。特にドライブモードのBレンジでは、立ち上がりの速さをNISSAN LEAFの約2倍に高めている。

この車両は、前席にオプションのレカロシートを装着しドライバーの着座安定性を向上させ、電気自動車のスポーツドライビングを楽しめるモデルに仕上げている。

▲リアライズ 日産自動車大学校 GT-R

 「リアライズ 日産自動車大学校 GT-R」は、SUPER GT 2020のGT300クラスに藤波清斗選手とジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ選手が乗り込み参戦した車両だ。「NISSAN MECHNIC CHALLENGE」はKONDO Racing Teamに日産大学校学生・日産販売会社テクニカル スタッフもチームに加わり日産だけの整備士人材育成プロジェクトとして、チーム一丸となり活動をしている。2020年度はSUPERGT300への参戦2年目にして初となるシリーズチャンピオンの座を見事獲得した。   

▲NV350 CARAVAN ES MOBILITY CONCEPT

 日産と、トランスポータープロショップであるOGUshowとのコラボレーションにより、「NV350キャラバン」をベース車両として、いま注目されている「ワーケーション」を想定し、時間に縛られず、仕事場と遊び場を自由につなぐための、カスタマイズを施したコンセプトカーを開発。本車両には、現在企画中のアクセサリー商品のプロトタイプも搭載し、クルマの機能の新しい可能性を提案する。

■イベント開催場所について
日産 グローバル本社ギャラリー
所在地: 〒220-8686 神奈川県横浜市西区高島1丁目1−1
電話: 045-523-5555

■特設サイト「NISSAN CUSTOMIZE 2021」
https://www2.nissan.co.jp/EVENT/CUSTOMIZE/

関連記事

1

Related Articleビジネス × テクノロジーもっと読みたい

What's News最新情報