ー 

1950年代のアメ車の特徴"テールフィン"にフォーカスを当てた企画展 「テールフィン・ラブ」4月23日よりトヨタ博物館にて開催

Writer:横田康志朗 

 トヨタの文化施設であるトヨタ博物館(愛知県長久手市)は、2021年4月23日(金)から7月4日(日)まで、企画展「テールフィン・ラブ~世界を変えた、あの流行をふり返る~」を開催すると発表した。

▲トヨタ博物館、企画展「テールフィン・ラブ」4月23日より開催

 “アメリカ車らしいアメリカ車”の特徴として多くの日本人が思い浮かべるであろう特徴的なテールフィン。その流行の鏑矢となったのは、1948年発売のキャデラックだった。テールフィンは1950年代を通してアメリカを、そして世界を席巻するが、1960年代後半には消え去ってしまった歴史を持つ。

実用性という観点では、テールフィンにさほど意味はなかった。テールフィンの存在意義はただ、華やかさ、輝かしさ、格好良さ―といった感覚的なものを演出することにあった。テールフィンとは理屈ではなく、人々の夢や憧れの具現だった。

▲クルマの後部を飾る飛行機やロケットの尾翼のような意匠「テールフィン」は1950年代世界中を魅了した

 本展では1950年代のアメリカ車を中心に、テールフィンを持つ9台の車両を展示。実車に加え24分の1スケールカーを展示する他、会場内のパネルではテールフィンの興隆から終焉に至るまでの歴史を紹介する。また、同時代のアメリカのライフスタイルやそれを育んだ社会の状況についても、当時の雑誌や豊富な写真資料などを用いて解説する。

■展示車両(年代順・同年のものは50音順)
(1) ナッシュ メトロポリタン コンバーチブル
  / Nash Metropolitan Convertible (1954)
(2) フォード フェアレーン サンライナー
  / Ford Fairlane Sunliner (1956)
(3) エドセル サイテーション コンバーチブル
  / Edsel Citation Convertible (1958)
(4) トヨペット クラウン RS-L型
  / Toyopet Crown Model RS-L (1958)
(5) ランブラー アメリカン スーパー
  / Rambler American Super (1958)
(6) キャデラック 62 コンバーチブル
  / Cadillac 62 Convertible (1959)
(7) シボレー インパラ コンバーチブル
  / Chevrolet Impala Convertible (1959)
(8) メルセデス ベンツ 300d W189型
  / Mercedes-Benz 300d Model W189 (1961)
(9) コニー グッピー スポーツ AF8型
  / Cony Guppy Sports Model AF8 (1962)

▲展示車両

■企画展「テールフィン・ラブ~世界を変えた、あの流行をふり返る~」概要
(1) 期間:2021年4月23日(金)~7月4日(日)
(2) 場所:トヨタ博物館 文化館2階 企画展示室
後援:在名古屋米国領事館

■トヨタ博物館のご案内
(1)所在地:〒480-1118 愛知県長久手市横道41-100
●地下鉄東山線「藤が丘」駅よりリニモに乗り換え、「芸大通」駅下車、徒歩5分
●名古屋瀬戸道路「長久手IC」より西へ0.4km(グリーンロード沿い)
TEL:0561-63-5151 FAX:0561-63-5159
(2)開館時間:9:30~17:00(入館受付は16:30まで)
(3)休館日 :月曜日(祝日の場合は翌平日)
●GW(4月29日~5月5日)は毎日開館、5月6日(木)は休館です。
●急遽変更になる場合がありますので当館公式Webページをご確認ください。
トヨタ博物館ホームページ:https://toyota-automobile-museum.jp/
(4)入館料 :大人 1,200円 シルバー(65歳以上) 700円、中高生 600円 小学生 400円 ※消費税込み/団体割引あり

企画展詳細ページ:https://toyota-automobile-museum.jp/event/exhibition/special-20210423/index.html

関連リンク

関連記事

1

Related Articleビジネス × テクノロジーもっと読みたい

What's News最新情報