ー 

スズキの成長を支えた鈴木修会長がインドと北米の板挟みを脱した交渉術

Writer:牧野茂雄 

▲鈴木修会長 6月の株主総会で会長職を辞任し相談役に就任予定
▲鈴木修会長 6月の株主総会で会長職を辞任し相談役に就任予定

 2月24日、スズキの鈴木修会長が退任を表明した。6月の株主総会での承認を得て相談役へと退く。日本を代表する経営者のひとりである修氏は、1978年にスズキの社長に就任して以来、40年以上にわたって同社の経営の先頭に立ってきた。現在91歳である。

 鈴木修氏が社長になった3年後の81年、スズキは米・GM(ゼネラル・モータース)と提携した。その後、インド政府が進める国民車生産計画に名乗りを上げ、インド政府が81年に設立したマルチ・ウドヨグへの資本参加と商品および技術の提供を行った。82年にインド政府首脳が来日し、自動車メーカー各社を訪問したが、当時の日本は米国への工場進出が最大の課題であり、インドに関心を示したのはスズキだけだった。

▲スズキ・アルト(海外モデル)は800ccエンジンを搭載 全長3545mm (日本未発売)

 インド乗用車市場でのマルチ・ウドヨグのシェアは、最盛期には80%を超えていた。最初の量産乗用車であるマルチ800は、アルトの車体に800ccエンジンを搭載し1983年12月から生産が開始され、2014年に生産終了するまでの間に250万台以上が生産された。

 1992年にはスズキの出資比率が50%に拡大され、2006年にはインド政府が保有株のすべてを手放して完全民営化された。現在の社名はマルチ・スズキである。インド自動車市場の拡大と欧州および日本、韓国勢の参入が相次いで現在のマルチのシェアは40%台になったが、低価格と品質の高さから現在でも高く支持されている。

▲2021年3月にインドからの輸出台数が累計200万台を超えた

 インドでの生産が始まった(83年)ばかりのころに、スズキはGMから小型車の提供を求められていた。GMがのちに小型車専門販売チャンネルとして1989年に立ち上げたジオ(GEO)にはトヨタ、いすゞ、スズキがモデルを提供したが、その前にスズキはGMとの合弁でカナダにCAMIオートモーティブを設立した。
 
 これが1986年であり、インドでの生産は順調に拡大していたが、スズキにとって北米とインドの2正面作戦は資金面でも厳しいものだった。

▲スズキは2021年1月からインドでジムニーの生産を開始した

 鈴木修氏はGMと交渉し、CAMIオートモーティブで生産されるジオ向けモデルの全数を「出荷と同時に買い取ってもらえる約束」を取り付けた。北米工場の採算はこれで確保でき、スズキはインドでの生産拡大を進めることができた。鈴木修氏の交渉術の、最大の成果だった。

 1991年にはハンガリー政府の要望に応えハンガリーにマジャール・スズキを設立し、この年の暮れにはVW(フォルクスワーゲン)と提携に向けた協議の開始が発表された。このときはVWとの資本提携は成立しなかったが、10年後の2011年、GMとの資本関係が解消された後にVWと提携した。しかしVWとの関係は上手くいかず、国際仲裁裁判所の仲介を得て資本提携を解消した。

▲スズキ・ビターラ ハンガリーに展開するマジャールスズキが生産するSUV(日本名エスクード)

 鈴木修氏は、日本の自動車業界の中で海外メーカーとの資本提携交渉を最も数多く経験した社長だった。同時に、代表権のある社長・会長としての在任期間中、スズキの売上高は3000億円台から4兆円台へと10倍以上になった。同業他社が見向きもしなかったインドとハンガリーで成功を収め、独特のグローバル生産体制を整えた。これは修氏の大きな功績である。

 GM関連では、元GMコリアだった韓国の大宇造船に軽自動車を提供し、GM大宇となって以降は、スイフトをベースとしたヒット商品、シボレー・クルーズを提供している。スズキとフィアットがともにGMグループだった時代には、スズキはSX4をフィアットにセディチのモデル名で供給していた。こうした外部との協力に関する交渉と決定も鈴木修氏が担当した。

 鈴木修会長は記者会見で「肩書きを捨てても、現役でいる」と語り、経営にアドバイスをする心づもりがある姿勢を明らかにしている。

関連記事

1

Related Articleビジネス × テクノロジーもっと読みたい

What's News最新情報