ー 

日産、専門スタッフと長時間試乗による「HELLO NISSAN」プログラム稼働開始

Writer:横田康志朗 

 日産は、国内の販売会社5店舗において、カスタマーに日産の先進技術を体感してもらう、ブランド体験型の店舗の本格稼働を開始した。

▲「HELLO NISSAN」プログラムをブランド体験型店舗で提供

 ブランド体験型店舗は、購入検討の初期段階のカスタマーにとって、より来店し易い店舗形態で、日産ブランドの濃密な体験を提供することを目的に、2019年秋に神奈川日産の百合ヶ丘店にてトライアル運用を開始した。今まで多くの人に人気を博しているという。

日産は、この神奈川日産自動車での成功例のもと、同店舗を含む全国5店舗にてブランド体験の提供を正式に運用を開始する。これを皮切りに順次、全国展開を進めていく。

▲セールスを目的としない「日産ブランドクルー」が、日産のブランド体験をサポート(神奈川日産自動車 百合ヶ丘店)

 ブランド体験型店舗で提供する「HELLO NISSAN」プログラムは、セールスを行わず、ブランド体験の提供を専門で行うスタッフ「日産ブランドクルー」による接客と、通常店舗では味わえない60分以上の長時間試乗を通じて、先進技術がもたらすワクワクを安心して体感することができる。

■日産 執行役副社長 星野 朝子氏 コメント
「ブランド体験型店舗では、セールス活動を一切行わないブランドクルーが、楽しく、分かり易く、数々の日産の先進技術を説明し、体験プログラムをサポートします。まだ日産車を詳しくご存知ない方にも、興味をお持ちでない方にも、必ず、楽しんで、驚いて、感動していただけます。今回の本格稼働を皮切りに、今後は、もっと多くの店舗で、先進技術のもたらすワクワクをお届け出来るよう取り組んでまいります。」

▲これまでのトライアル実施中には、「HELLO NISSAN」を実際に体験した人のうち、日産車にお乗りになったことのない人の95%から、「ワクワクする体験だった」という高い評価を得ている。※実際のプログラムでは、十分なウイルス感染防止対策を講じた上で実施する

■先進技術体験プログラム「HELLO NISSAN」概要
「ニッサン インテリジェント モビリティ」で推進する電動化・自動化技術を体験できる3つのコースから選択可能。電気自動車「日産リーフ」、プロパイロット2.0を搭載した「スカイライン」に加え、昨年発売された新型「ノート」e-POWERや、新型「日産キックス」e-POWER等に試乗できるコースを用意。

<対象店舗>
神奈川日産自動車 百合ヶ丘店 (神奈川県川崎市)  *2019年秋より稼働中
群馬日産自動車 Kit-R太田 (群馬県太田市)
松本日産自動車 松本店 (長野県松本市)
浜松日産自動車 和田西店 (静岡県浜松市)
愛知日産自動車 春日井インター店 (愛知県春日井市)

<体験予約方法>
以下の専用予約サイトより予約可能(WEB予約のみ)。
https://www.nissan.co.jp/EVENT/HELLONISSAN/

<新型コロナウイルス感染拡大防止の対応について>
店舗営業にあたっては、お客さまと従業員の安全のため、以下の対応を行い、新型コロナウイルスの感染拡大防止に努めています。

店舗では、定期的に入口や窓を開け、こまめに換気を行っています。
商談スペースは、隣席との間隔を広めに空けています。
テーブルや待合スペース、キッズコーナーなどは、適宜除菌を施しています。
試乗車に関しては、お客さまに安心して試乗していただけるようアルコールによる除菌や車両用クレベリン施工などを実施しています。
また、ご来店いただくお客さまにも、手指の消毒や、マスク着用、試乗時の人数制限などにご協力をいただいています。

関連リンク

関連記事

1

Related Articleビジネス × テクノロジーもっと読みたい

What's News最新情報