ー 

2022年秋開業予定、富士スピードウェイ隣接地のホテル&ミュージアムの名称決定!

Writer:横田康志朗 

 東和不動産は、2022年秋、富士スピードウェイ隣接地に開業するホテルの名称を『FUJI Speedway HOTEL』に決定したと発表した。また、ホテルに併設するモータースポーツミュージアムの名称を『FUJI MOTORSPORTS MUSEUM』に決定。トヨタの文化施設であるトヨタ博物館が監修を行う。

▲FUJI Speedway HOTEL外観イメージ。手前にはFUJI MOTORSPORTS MUSEUMが併設される

 東和不動産とハイアットが展開する「FUJI Speedway HOTEL」は、ハイアット ホテルズ コーポレーションの系列会社が運営を行い、エリアの特性を最大限に生かすべく「アンバウンド コレクション by Hyatt」ブランドとなる。

アンバウンド コレクション by Hyattとは、ハイアットが展開する数あるホテルブランドの中でも、施設やアメニティを通じてひときわユニークな個性を持ち、そこでしか体験できないオリジナリティーと上質さを極めた唯一無二の魅力を発揮するプレミアムホテルに冠するブランド名だ。

「FUJI Speedway HOTEL」では、‟モータースポーツ“をテーマに掲げ、モータースポーツとホスピタリティーが融合した唯一無二の世界を表現。モータースポーツミュージアムの創造性と美意識、ブティックホテルのラグジュアリーエクスペリエンス、カントリークラブが持つ洗練された社交場の佇まい、霊峰富士の絶景、ここにしかない真の体験が絶妙にブレンドされた滞在を来訪者に届ける。

▲FUJI Speedway HOTEL

 富士山の眺望を欲しいままにする広大な敷地に建設される「FUJI Speedway HOTEL」は、富士スピードウェイ内に立地し、客室は45平米以上のゆったりとしたルーム&スイートが約120室あり、分割可能な500平米の宴会場や200平米の会議室も備え、内外からのMICEビジネス(報奨・研修旅行や展示会・イベントなど)の獲得も視野に入れている。その他の施設としては、複数の料飲施設はもちろん、温泉、室内プール、フィットネス&スパを完備。2021年開業予定の新東名高速道路の小山パーキングエリア・スマートインターチェンジ(仮称)とも隣接することから、自動車を利用した遠隔地、また近郷近在の顧客層に喜ばれるホテルづくりを目指す。

▲FUJI MOTORSPORTS MUSEUM

 ホテルに併設される「FUJI MOTORSPORTS MUSEUM」は、日本および海外各社の協力のもと、時代を象徴するレーシングカーを展示し「モノづくり」の観点を中心にその開発に携わった人々の熱い想いや拘りを紹介する。モータースポーツで培われた技術が、普段乗るクルマにも脈々と受け継がれていることを実感できるミュージアムを目指す。監修はトヨタ博物館が行う。

▲周辺地図について

所在地:静岡県駿東郡小山町大御神字中島

アクセス:
・東名高速道路御殿場ICより車で約20分 
 ※新東名高速道路開通後は小山PA・スマートインターチェンジ(仮称)より約3分(2km)
・JR御殿場駅よりタクシーで約20分(13km)

富士スピードウェイホテル ホームページ:fujispeedwayhotel.jp

関連リンク

関連記事

1

Related Articleビジネス × テクノロジーもっと読みたい

What's News最新情報