ー 

「世界で進行するクルマの電動化」フォード:2050年カーボンニュートラルを目指し、EV開発費1兆2400億円を2022年までに投資

Writer:世良耕太 

▲マスタング・マッハE・GT マスタング初のBEVは今年1月から販売が本格化 GTは5万9900ドルで今秋発売予定

 フォードは2050年のカーボンニュートラルを目指している。そのひとつがBEVの開発で、2020年6月には、「2022年までに115億ドル(約1兆2400億円)を投資する」と発表した。

 第一の成果がマスタング・マッハEだ。このSUVタイプのBEV発売に合わせ、合計で約4万個のプラグを備えた1万3500カ所の充電ステーションの整備について発表した。これはピックアップトラックのF150のBEV(F150ライトニング)とバンタイプのトランジットのBEVの発売に対応するためである。

 欧州市場においては2026年のBEV率100%、2030年に商用車のBEV/PHV率67%を目指す。

関連記事

1

Related Articleビジネス × テクノロジーもっと読みたい

What's News最新情報