ー 

グッドイヤータイヤをワンメイク供給する 「TOYOTA GAZOO Racing Yaris Cup 2021」が開幕

Writer:横田康志朗 

 グッドイヤーがタイヤをワンメイク供給する「TOYOTA GAZOO Racing Yaris Cup 2021」が、2021年6月5日(土)、91台のエントリーを集め、富士スピードウェイで開幕した。

▲Yaris Cupの大きな特徴は、一般道を走行する市販車と同条件の車両で参戦するため、アマチュアのユーザーでも多額の費用をかけずに手 軽に参戦できるレースであるという点だ

 近年、グッドイヤーではモータースポーツ参戦におけるタイヤ開発の重要性を再認識し、2019年より、ル・マン24時間耐久を含むWEC(世界耐久選手権)への復帰や、2020年からのWTCR(世界ツーリングカーカップ)参戦など、世界中で新たなモータースポーツへの取り組みを行っている。

日本においては、グッドイヤーが2012年よりワンメイク供給をしてきた「Netz Cup Vitz Race」が、本年より参戦車両および名称を改め、「TOYOTA GAZOO Racing Yaris Cup(Yaris Cup)」としてスタートした。

Yaris Cupとは、一般道を走行する市販車と同条件の車両で参戦するため、アマチュアのユーザーでも多額の費用をかけずに手軽に参戦できるレースだ。真剣レースの中の勝ち負けはもちろんのこと、健全なモータースポーツとして楽しむことができる側面が強い。

▲Yaris Cupにワンメイク配給されるグッドイヤー EAGLE RS SPORT S-SPEC

 グッドイヤーは Yaris Cupに、EAGLE RS SPORT S-SPECをワンメイク供給する。イーグル アールエス スポーツ エススペックは、グッドイヤーのハイグリップ・スポーツタイヤで、優れたグリップ力はスタート直後から発揮され、コーナーからの立ち上がりの良さに貢献する。

▲タイヤセッティングやメンテナンスなどのサービス提供

グッドイヤーは、タイヤの供給のみならず、レース参戦者のタイヤ交換やメンテナンスサービスを提供し、Yaris Cup をトータルでサポートしている。
 
また、グッドイヤーブランド仕様のカスタマーカップカーを投入し、実際のレースへの参戦はもちろん、来場したファンも同乗できるイベントを実施。実際のレースコースを走行してレース体験をすることができる。

関連リンク

関連記事

1

Related Articleビジネス × テクノロジーもっと読みたい

What's News最新情報