ー 

「世界で進行するクルマの電動化」PSA:プジョーは2023年までに全車に電動車設定

Writer:世良耕太 

▲プジョーe-2008 価格:433万2000円 コンパクトSUVのEV 航続距離は385km(JC08モード)
▲プジョーe-2008 価格:433万2000円 コンパクトSUVのEV 航続距離は385km(JC08モード)

 グループPSAは「パワー・オブ・チョイス」をブランドの柱に据えてBEVを開発している。内燃機関搭載車とBEVを分け隔てなく設定する考えだ。ガソリンとディーゼル、どっちがいいだろうかと選択を悩むように、内燃機関とBEVを選んでほしいという思いを込めている。だから、欧州の他のブランドと異なり、BEV専用のプラットフォームや専用のサブブランドを用意しない。

 BEVのe-208は208とプラットフォームを共有し、e-2008も同様。DS3クロスバックとDS3・Eテンスの関係も同じである。バッテリーを搭載するからといって、居住性や荷室スペースを犠牲にしないのが、グループPSAのBEV開発に臨むスタンスだ。

▲プジョー3008GTハイブリッド4 プジョー初のPHVシステム搭載車 1充電当たりのEV走行は64km

 グループPSAは、2019年から電動化を本格的に展開している。2023年までには、少なくともフランスで販売する全車をPHVもしくはBEVにする計画。ユーザーの移動の自由を幅広く支えるため、各ブランドがラインアップする各セグメントに電動化モデルを設定する考えだ。

 DSブランドは、DS7クロスバックにEテンスを追加した。EテンスはBEVだけでなくPHVにも用いるサブネームで、DS7クロスバックの場合は後者である。

▲DS3クロスバックEテンス 価格:534万円航続距離は398km(JC08モード) 急速充電50分で80%チャージできる
▲プジョーe-208 価格:396万1000円 欧州ベストセラーの208のEV 航続距離は403㎞(JC08モード)

関連記事

1

Related Articleビジネス × テクノロジーもっと読みたい

What's News最新情報