ー 

「世界で進行するクルマの電動化」ホンダは2040年に全車EVとFCVにシフト

Writer:世良耕太 

▲4月の上海ショーで公開されたHonda SUV e:prototype
▲4月の上海ショーで公開されたHonda SUV e:prototype
▲ホンダe 価格:451万〜495万円 リアにモーターを搭載して後輪を駆動 WLTCモードの1充電当たり走行距離は259~283㎞ 30分で80%の急速充電対応

 ホンダは4月23日に行った三部敏宏新社長の就任会見で、「Tank to Wheel(走行時)でのカーボンフリーを達成するため、先進国全体でのBEVV、FCVの販売比率を2030年に40%、2035年に80%、2040年にはグローバルで100%を目指す」と発表した。

  額面どおりに受け止めれば、2040年にはHVを含め、エンジンを搭載したクルマの全廃を目指すことになる。チャレンジングな目標なのは承知のうえだろう。裏を返せば、2040年まではエンジンが生き残る。

▲5つのディスプレイを水平に並べた近未来的デザイン 
▲V2HとV2Lに対応 停電時の家庭に給電する機能を装備

 国内のBEV、FCVの販売比率に関しては、2030年に20%、2035年に80%、2040年に100%とし、2030年にはHVを含めて100%電動車にする方針。
 
 2020年10月には都市型コミューターに位置づけるEVのホンダeを欧州に続いて国内で発売した。2024年には軽自動車のEVを投入する予定で、HVも含め軽自動車の電動化も積極的に進めていく。

  北米ではGMが開発したBEV用バッテリーを搭載する共同開発の大型BEVを2024年モデルとして投入する予定だ。

 6月28日には、北米地域における将来の電気自動車投入計画を公表し、その中で、Hondaブランドから発売予定の電気自動車(EV)の最初の量販モデルとなるSUVの名称が「PROLOGUE(プロローグ)」になることを発表した。

 また、ホンダ・プロローグに加えて、2024年にアキュラ・ブランドのSUV・EVを導入する予定。どちらも、ゼネラルモーターズとの戦略的パートナーシップに基づいて、Ultiumバッテリーを搭載した柔軟性の高いグローバルEVプラットフォームを利用する。

 ホンダはまた、ホンダが主導する開発により、新しいe:Architectureを開発し、10年以内に新シリーズのEVモデルを発売する予定だという。

▲クラリティPHEV 価格:598万9500円 2018年から一般販売を開始
▲クラリティ・フューエルセル 昨年6月から一般ユーザーにもリースを開始

関連記事

1

Related Articleビジネス × テクノロジーもっと読みたい

What's News最新情報