ー 

日産が新たなクロスオーバーEVの画像を公開! 英国サンダーランド工場への10億ポンド投資計画

Writer:カー・アンド・ドライバー編集部 

▲日産が新たに公開したクロスオーバーEV

 日産は、欧州におけるカーボンニュートラルの実現に向け、世界初の電気自動車(EV)生産のエコシステムを構築するハブとして「EV36Zero」を公開。合わせて新世代のクロスオーバーEVを英工場(サンダーランド工場)で生産すると発表した。

 EV36Zeroにより、日産はサンダーランド工場を中心にカーボンニュートラルへの取り組みを加速させ、ゼロ・エミッション実現に向けて、新たに360度のソリューションを確立するという。

 このプロジェクトは、日産とバッテリーメーカーのエンビジョンAESC、そしてサンダーランド市議会によって10億ポンドが投資され、EV、再生可能エネルギー、バッテリー生産という相互に関連した3つの取り組みを実施する。

 日産の社長兼CEOの内田 誠は、「いままでライフサイクル全体でのカーボンニュートラル実現を目指し、EVの開発・生産だけではなく、車載バッテリーの蓄電池としての活用や、二次利用など、包括的な取り組みを行ってきた。今回の決定はその一環であり、これまで、社内で様々な検討を重ね、欧州におけるカーボンニュートラルの取り組みを大きく加速させる。ここで得られた経験・ノウハウを他の地域にも共有し、グローバルでの競争力を高めていく」と述べた。

 このプロジェクトは、35年の歴史を誇る日産サンダーランド工場を基盤とし、日産と英国のサプライヤーで6200名の雇用を創出する。日産での900名以上の新規雇用と、エンビジョンAESCの新たなバッテリー工場における750名の新規雇用が含まれる。

 エンビジョングループのバッテリー部門であるエンビジョンAESCは、統合されたAIoTスマートテクノロジーを導入し、新しいギガファクトリーでのエネルギー消費、製造、メンテナンスを管理・最適化することで、生産量を急速に拡大し、日産に年間最大10万台分のEV用バッテリーが供給可能になる。

10億ポンドの投資の一環として、日産は最大4億2300万ポンドを投資し、新世代のクロスオーバーEVを英国で生産する。この新世代EVは、日産の強みであるクロスオーバーの知見と、世界で「リーフ」を50万台以上販売してきた実績をもとに、新たな時代にふさわしいスタイリングと効率性、バッテリー技術を備え、EVへの乗り換えを促進していく。

 新世代EVはグローバルカーとして設計され、サンダーランド工場で生産、欧州市場にも輸出する。この新世代EVは、アライアンスCMF-EVプラットフォームがベースで、最大年間10万台の生産が可能になる。サンダーランド工場では909名、英国内のサプライチェーンでは4500名以上の雇用が創出。今回のプロジェクトにより、同工場への累計投資額は50億ポンド以上の見込み。

▲エンビジョンAESC社

 エンビジョンAESCは、2012年に「リーフ」の生産を現地化するため設立したバッテリー工場をサンダーランドで運営中。品質、安全性、信頼性の面で世界基準のレベルにあり、9年間にわたって英国で「リーフ」および「e-NV200」にバッテリーを供給してきたノウハウを有している。同工場で生産されたセル、モジュール、パックは、44カ国で販売した18万台以上のEVに搭載されてきた。品質、性能、安全性、信頼性、コストにおいて、グローバルなベンチマークレベルに達しているという。

 エンビジョンAESCは、日産の新世代EVにバッテリーを供給するため、4億5000万ポンドを投資し、サンダーランド工場に隣接するインターナショナル・アドバンスド・マニュファクチャリング・パーク(IAMP)に英国初のギガファクトリーを建設する。このギガファクトリーは再生可能エネルギーで稼働し、次世代バッテリーを生産する。

関連記事

1

Related Articleビジネス × テクノロジーもっと読みたい

What's News最新情報