ー 

「世界で進行するクルマの電動化」MINIのエンジン車は2025年まで。30年にBEV化

Writer:世良耕太 

▲クーパーSEクロスオーバーALL4 価格:510万円 満充電で53kmのEV走行が可能なPHV

 都会的なイメージが強く、都市部のユーザーが多いMINIは、BEVとの親和性が高い。そんな実状分析もあり、MINIはEVブランドになる決断をした。内燃機関を搭載したニューモデルの投入は、2025年までに終了する予定。その後はEVモデルのみが市場に投入される。

 2027年までには少なくとも販売台数の50%をBEVが占めるというのがMINIの予測だ。2030年までには、MINIのラインアップすべてがBEVになる見込み。欧州で販売されているMINI・SEに続き、2023年に投入されるMINIクロスオーバーの後継モデルにもBEV仕様が設定される。

▲1.5リッター直3ターボに6速ATの組み合わせ PHVモードは3種でEV走行が選択可 エンジンで充電も可能

関連記事

1

Related Articleビジネス × テクノロジーもっと読みたい

What's News最新情報