ー 

「世界で進行するクルマの電動化」BMWは2023年までにBEV12モデル程度を投入

Writer:世良耕太 

▲i8ロードスター 価格:2276万円 1.5ℓ直3エンジンを積むプラグインハイブリッド 0→100㎞/は4.6秒
▲i8ロードスター 価格:2276万円 1.5ℓ直3エンジンを積むプラグインハイブリッド 0→100㎞/は4.6秒

 BMWグループに属するMINIも含めBEVの導入に積極的で、2023年までにグループ全体で12車種程度のBEVを投入する考えだ。直近ではi3とiX3を発表済み。2021年中にiXとi4が登場する予定。1シリーズと5シリーズ、7シリーズのBEV仕様も加わる予定だ。

 BEVモデルの販売数は2025年にかけて毎年50%以上伸びていくとBMWは予測する。これは、2020年までの伸びの10倍以上だ。

 2025年以降に、BEVの「ノイエクラッセ(ニュークラス)」を投入する。1960年代にBMWが飛躍するきっかけになったセダンになぞらえたネーミングで、高性能な電動パワートレーンとバッテリー、それに空力や室内空間、製造時に発生するCO2削減の面で革新をもたらすという。

 ノイエクラッセが採用する新BEVプラットフォームの投入後、2030年にかけてはさらにBEVモデルの比率を高めていき、グループ全体で少なくとも50%に達すると見込んでいる。

▲iXはX5クラスのクロスオーバーEV 航続距離600㎞以上 0→100㎞/h加速は5秒未満
▲i4はiXとともに今年の上海モーターショーで披露された
▲iX3はガソリン/ディーゼル/PHV/EVを用意 写真はBEVのiX3で2021年以降日本上陸予定 後輪駆動を採用 航続距離は450㎞
▲BMWはPHVを豊富に用意 写真はX3・Xドライブ30e・Mスポーツ 価格:8SAT 781万円

関連記事

1

Related Articleビジネス × テクノロジーもっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年11月号

  • ・新型SUBARUレガシィ・アウトバック
  • ・Driving Report Special 新型トヨタ・ランドクルーザー、ライバル比較付き
  • ・SPECIAL FEATURE 国産スポーツ新世界

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る