ー 

マツダ、広島本社工場への太陽光発電設備を新たに導入

Writer:横田康志朗 

 マツダは、7月13日より製造領域での工場やオフィスのグリーン化推進の一環として、マツダ初となる太陽光発電設備の稼働を開始した。

▲広島本社工場に設置した太陽光発電設備

 広島本社工場に設置した太陽光発電設備は、1.1MW(メガワット)の発電能力を有す。発電で得た電力は同工場で生産するすべてのMX-30EVモデルのバッテリー充電をまかなうと共に、工場全体で使用する電力としても供給される。

▲MX-30EVモデルのバッテリー充電の様子
新開発の電動化技術「e-SKYACTIV」を採用したブランド初の量産電気自動車「MX-30 EVモデル」駆動用リチウムイオンバッテリー(総電力量35.5kWh)をホイールベース内のフロア下に配す

 マツダは、今後もグリーン電力の積極的な導入と利用促進を行い、2050年のカーボンニュートラル化に向け着実に挑戦を進め、豊かで美しい地球と永続的に共存できる未来を目指していくとしている。

関連リンク

関連記事

1

Related Articleビジネス × テクノロジーもっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年11月号

  • ・新型SUBARUレガシィ・アウトバック
  • ・Driving Report Special 新型トヨタ・ランドクルーザー、ライバル比較付き
  • ・SPECIAL FEATURE 国産スポーツ新世界

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る