ー 

ボッシュ、IAA国際モーターショーに出展。現在と未来の、安全で魅力的な排出ガスのないモビリティの実現へ

Writer:横田康志朗 

 ボッシュは、ミュンヘンで開催されるIAA国際モーターショー2021に出展する内容を発表した。ショーを通じてモビリティのパーソナライズ化、自動化、ネットワーク化、電動化するためのソリューションを紹介する。

▲ボッシュ、IAA国際モーターショーに出展

 四輪車、eBike、二輪車、スクーター、電気レーシングカー。ボッシュは、あらゆる種類の車両を対象としたモビリティ ソリューションを展開しており、スマートフォンや人々の自宅さえ、モビリティの一部に変えようとしている。

今後、さらなる車両の電動化が見込まれている。そして、他の道路利用者や周囲の環境とネットワークでつながり、より多くの運転作業を担い、パーソナライズ化されたサービスを乗員に提供することになることが予測される。

ボッシュは、モビリティを自動化、電動化、パーソナライズ化、ネットワーク化するテクノロジーによって、このような未来のモビリティに向かう道を築いている。ボッシュは、そのために必要なシステムに関するノウハウと、ソフトウェアそしてハードウェアに関する包括的な専門知識を備えており、未来のエレクトロニクスアーキテクチャに向けて中央コンピューターを開発している。これらの車載コンピューターは、運転支援および自動運転、車両の動作制御、さらにはコックピットの機能、ボディ エレクトロニクスにも利用されている。

ボッシュの最新テクノロジーは「IAA国際モーターショー2021」で、見本市や市街地において試乗や体験が可能だ。

▲ドライバーレスパーキング

 「IAA国際モーターショー2021」のMesse West駐車場にて、1日数回ボッシュとプロジェクトパートナー9社がパーキングの未来を実演で紹介する。ボッシュとメルセデス・ベンツが共同開発を行った自動バレーパーキングシステムでは、スマートフォンで車両を自動操作して指定の駐車スペースに停めることが可能で、ドライバーが運転する必要はない。このシステムは、インテリジェントな駐車場インフラと車両側のテクノロジーの相互作用によって実現している。

駐車場内に設置されたセンサーが、車両が進む経路と周囲をモニターし、車載テクノロジーが、インフラからの指示を安全に運転操作に変換。ドイツ自動車工業会(VDA)との共同プロジェクトでは、異なるメーカーの車両であっても、将来的には様々なサプライヤーのインフラテクノロジーとの通信が可能になるであろうことが証明されている。このことを背景に、各プロジェクトパートナーは国際規格(ISO 23374)に準拠した開発にも取り組んでいる。

▲サイクリング エクスペリエンスの向上

 eBikeは、欧州で最も売れ行きの好調な電動車両だ。電動アシスト自転車に乗ることは健康や環境に優しく、同時に非常に楽しいことでもある。ネットワーク化された商品やサービスがサイクリングの快適性を向上させ、eBikeの利用者とデジタル世界をつなぐ。ボッシュは自転車の新しいネットワーク化ソリューションを展示する予定で、来場者は電動アシストを使ったサイクリングがどれほど楽しいのかを実際に体験することができる。

▲二輪車および四輪車向けバッテリーエレクトリックパワーの1つ「eAxle」

ボッシュは、パワートレインからステアリングシステム、ブレーキに至るまで、乗用車の電動化に必要なすべての構成要素を製品ポートフォリオとして揃えている。その1つである「eAxle」は、パワーエレクトロニクス、電気モーター、トランスミッションを一体化させたものだ。そして車両プラットフォーム向けにあらかじめ統合されたシステムソリューションにより、ボッシュは自動車メーカーが電気自動車をより迅速に市場投入できるよう支援している。

鍵となるのはAdvanced Driving Moduleにおけるパワートレイン、ステアリング、ブレーキ、車両制御の相互作用の最適化で、これはパートナーのソリューションと統合して前輪と後輪のアクスルモジュール一式を形成した。効率的なパワートレインと共に、ボッシュはサーマルマネジメント によって電気自動車やハイブリッド車の航続距離も延長する。熱気と冷気の流れを正確にコントロールすることでバッテリー効率を向上し、すべてのコンポーネントが最適な温度範囲内で動作するようになっている。ボッシュは電動二輪車向けのドライブユニットとコントロールユニットも提供している。コンパクトなシステムに統合した2つのコンポーネントによって、正確なモーター制御、信頼性の高いライディング性能、最適なトルクを実現する。

▲燃料電池システム

 モビリティ用途の燃料電池は、航続距離を向上し燃料補給時間を短縮する。特にその真価が発揮されるのは、長距離走行や商用車で使用される場合だ。グリーン水素を用いることで、燃料電池は車両をCO2フリーで動作させることが可能になる。ボッシュは量産準備を整えるために、あらゆる重要なシステムコンポーネントの開発を行っており、これにはシステム一式も含まれる。

水素と空気中の酸素を電気エネルギーに変換する燃料電池スタックの開発については、スウェーデンの専門企業Powercell社と共同で取り組んでいる。スタックの量産を2022年に開始し、完全な燃料電池システムとなるボッシュの燃料電池パワーモジュールを2023年に市場投入する予定だ。

▲eモビリティ向けサービス

 ボッシュのバッテリー・イン・ザ・クラウドは、電気自動車のバッテリー寿命を向上させる。クラウド上のスマートソフトウェア機能がバッテリーの状態を常時分析し、適切な対応によってセルの劣化防止・抑制を図る。耐タンパー性を有する「利用証明書」が耐用年数全体にわたりバッテリーの状態を記録することで、車両売却時にバッテリーの残余価値を把握しやすくなっている。

ボッシュはコンビニエンスチャージングなどの充電サービスによって、電気自動車のドライバーが簡単に公共の充電ステーションを検索、支払いまで完了することを可能にした。さらに、充電とナビゲーションの統合的なソリューションにより、正確な航続距離の予測と、充電スポットを含めたルートプランニングが可能だ。これには、レストランに隣接する充電ステーションを選定するなど、個人的な好みを設定することもできる。

▲FormulaEを代表した化石燃料を使用しない電気自動車によるモータースポーツ

 日常でも、レーストラックでも、ボッシュは、量産車のeモビリティ化およびモータースポーツの電動化の双方において、電動パワートレインソリューションのリーディングサプライヤーを目指している。ボッシュは、DRAGON/PENSKE AUTOSPORTのフォーミュラEチームと長期の技術開発パートナーシップを締結した。「IAA国際モーターショー2021」では、レースシリーズのコースをバーチャルに運転し、ベストタイムを他の参加者と競ってみたい来場者のためにシミュレーターを2台用意している。

あらゆる生活領域での守護神として:二輪車やその他の車両向けにネットワーク化された緊急通報システムヘルプコネクトを開発

 ボッシュは、二輪車やその他の車両向けにネットワーク化された緊急通報システムヘルプコネクトを開発した。ボッシュのMSC (モーターサイクル用スタビリティ コントロール)システムの一部である加速度センサー に組み込まれた、インテリジェントな衝突検出アルゴリズムが事故を検知すると事故現場とライダーに関する情報は、スマートフォンアプリからサービスセンターを介して救急サービスに通報される。二輪車に事故検知システムが組み込まれていない場合は、スマートフォンのセンサーデータを使用して緊急対応を行うことが可能だ。ボッシュのヘルプコネクトは、自宅、ジム、屋外サイクリング時などでの支援としても活躍する。

▲車室内をモニターして乗員を保護

 ボッシュは、乗員の安全性を向上する、カメラとAIを備えたシステムを開発した。この車室内モニタリングシステムは、ドライバーの眠気や不注意、乗員の危険な姿勢を検知。そして自動車メーカーの要求仕様や法的要件に従い、注意散漫に対する警告、疲れているドライバーへの休憩の推奨、車両の減速を行う。このシステムは利便性も高める。各人の好みにあわせてシートポジション、ミラー、ステアリングホイールの高さを自動調整し、さらにはジェスチャーを用いてインフォテインメントシステムを操作することも可能だ。

▲逆走警報システム

 ボッシュのクラウドベースの逆走警報システムは、逆走車および危険に接したすべての道路利用者に向けて、ラジオの交通情報よりもはるかに速く、数秒以内に警告を発する。シュコダ・オートは2021年初め、ボッシュのデジタルな守護神を導入した世界初の自動車メーカーとなった。同社の車両コックピットのディスプレイには、逆走を知らせる警告が直に点滅する設計になっている。また、逆走警報のサービスはスマートフォン向けアプリソリューションとして、既に欧州20カ国で250万人に利用されている。

▲スマートフォンが車のキーに

 パーフェクトリーキーレスは、車両内のセンサーが所有者のスマートフォンを指紋認証と同等の安全性で認識し、所有者だけが車両のロックを解除できる、携帯電話が従来の車両のキーの代わりとなるシステムだ。超広帯域テクノロジーによって、このシステムは他にも日常的な実用性を提供する。遠隔操作によって、狭い駐車スペースに車両を停めることや、荷物を扱う人が配達物を積み込む際にトランクを開けることも容易になる。自分の車を見つけるのが難しい大きな駐車場でも、パーフェクトリーキーレスは車両までの経路を提示。また、ヘッドライトを点灯して通路を照らし、暗闇における安全性の向上にも貢献する。

IAA国際モーターショー2021のボッシュのハイライトは、特集サイトやTwitterのハッシュタグ、#BoschIAAでも確認できる。

www.bosch-iaa.com
Twitter: #BoschIAA

関連リンク

関連記事

1

Related Articleビジネス × テクノロジーもっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年11月号

  • ・新型SUBARUレガシィ・アウトバック
  • ・Driving Report Special 新型トヨタ・ランドクルーザー、ライバル比較付き
  • ・SPECIAL FEATURE 国産スポーツ新世界

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る