ー 

ピレリの新製品「CINTURATO ALL SEASON SF2」四季折々の高い安全性を確保するオールシーズンタイヤ

Writer:カー・アンド・ドライバー編集部 

 ピレリは、2021 年 2 月にイタリア・ミラノにて発表した新製品 Cinturato All Season SF2 を、2021 年第 4 四半期より順次日本市場へ導入する。価格はオープン。

 Cinturato All Season SF2 は冬の規制に準拠し、あらゆる気象条件で安全性の高い運転を提供するオールシーズンタイヤ。特にコンパウンドとトレッドパターンの技術により、安全性と様々な機能を持った「アダプティブ・トレッドパターン」を初採用した。

 タイヤサイズによっては、ピレリシールインサイドテクノロジーとランフラットテクノロジー(いずれも、パンクしても運転を継続できる技術)や、電気自動車やプラグインハイブリッド車用の Elect バージョンも用意されている。(一部日本未導入)

 国内導入は175/65R15 84H~245/35R19 XL 93Yの 52サイズ。

 タイヤのサイドウォールには、M+S マークの他に 3PMSF(スリーピークマウンテン・スノーフレーク)マークが刻印され、冬季に優れた性能を発揮することの保証と、特定のテストを通じてヨーロッパの法規に適合していることの証となっている。

 Cinturato ファミリーの本製品は、主に都市部でクルマを使用し、温暖な気候の下で走行するドライバーに最適。オールシーズンタイヤのデザインとコンパウンドは、低温でも高温でも、またウェットとドライのアスファルト路面の両方で、良好な性能バランスを発揮する様々な機能を持ったタイヤとなる。

 Cinturato All Season SF2 は、ドイツの著名な試験機関である TÜV SÜD(ツフズード)により「Performance Mark(パフォーマンスマーク)」賞が与えられた。この受賞は、本製品が四季折々のあらゆる走行状況において、高レベルの性能を発揮することを示す。

 同様にドイツのもう一つの試験機関の Dekra(デクラ)は、Cinturato All Season SF2 のドライ制動距離が短いため、正確なコントロールが可能であり、雪上での走行性およびウェット路面や雪上での制動性能も優れていると認定した。

 多くの一般ユーザーにとって、オールシーズンタイヤは季節ごとのタイヤ交換などの煩雑さから解放してくれる選択肢になる。

関連記事

1

Related Articleビジネス × テクノロジーもっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年10月号

  • ・新型トヨタ・アクア・オールガイド
  • ・新型日産ノート・オーラNISMO
  • ・新型ホンダ・シビック試乗&ライバル比較

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る