ー 

千葉県木更津市に「ポルシェ通り」誕生。木更津市道125号線のネーミングライツ締結

Writer:横田康志朗 

 ポルシェジャパンは、ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京がオープンとなる10月1日より、市道125号線の一部1kmが「ポルシェ通り Porsche Strasse」(ポルシェストラッセ)と命名されたと発表した。ネーミングライツの契約期間は2021年10月1日から2026年9月30日までの5年間となり、これは、輸入車(外国メーカー車)ブランドとして初の実績※となる。


※2021年9月時点トラベル Watch 調べ

▲木更津市道125号線の一部1kmが「ポルシェ通り Porsche Strasse」と命名

 「ポルシェ通りPorsche Strasse」と命名された市道125号線沿いに設置するポルシェ・エクスペリエンスセンター東京は、ポルシェが世界で展開するブランド体験施設だ。輸入車ブランドが国内にこのような規模のスポーツドライビング施設を建設することは日本で初めてとなり、自動車業界随一となる。さらに、輸入車ブランドが日本の公道でネーミングライツとして選ばれることも同様に、日本で初めてのことだ。

■木更津の渡辺芳邦市長 コメント
「世界的に知名度の高いポルシェ社が、本市に進出いただいたことを大変嬉しく思うとともに、木更津の新たな魅力発信拠点として、交流人口の増加や地域経済の活性化につながることを地元市として大いに期待しているところでございます。さらに、市道125号線の一部を“ポルシェ通り“と名付けていただき、心より御礼を申し上げます。この愛称が広く浸透し、愛されることを願っております。」

10月1日よりオープンした、ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京は、市道125号線沿いに設置する、ポルシェが世界で展開するブランド体験施設だ

 ポルシェジャパンでは独自の包括的なCSRプログラム『Porsche. Dream Together』を2020年11月に立ち上げ、木更津の環境保護や地域連携を深める活動を推進している。具体的には、災害が発生した際にポルシェジャパンが地域支援のため木更津市に協力をする協定書を2021年9月30日付で締結。さらに、木更津市で有機栽培されたお米を木更津市内の小中学校へ提供する「木更津有機米学校給食プロジェクト」への協力や、11月21日に開催される千葉県在住の方々を対象のチームランニングイベント「ブルーベリーRUN」では、ここポルシェ・エクスペリエンスセンター東京を会場として提供し、約1,000人のランナーが参加する予定だ。

■ポルシェジャパンのCSR活動『Porsche. Dream Together』
https://www.porsche.co.jp/csr

▲ポルシェと木更津市は「自然環境保全協定」を2020年6月15日に締結。自然の保存、植生の回復、さらには希少植物専用の湿性生物保全エリアを新たに設置するなど、一歩踏み込んだ環境への配慮を行っている

■ポルシェジャパン社長 ミヒャエル・キルシュ氏 コメント
「日本にポルシェ・エクスペリエンスセンター東京を設立できることに深い喜びを感じています。この千葉県木更津市はとても美しい自然に囲まれた都市で、設立にあたり環境保全に関わる問題を深く追求し協議してきました。そして、このネーミングライツを承諾してくださった渡辺市長をはじめ、木更津の皆さんに感謝いたします。日本で初となるポルシェの名が付いた記念すべきポルシェ通り(Porsche Strasse)は、標識のデザインにもこだわり、ポルシェのクレストをモチーフに加えました。ポルシェは千葉県および木更津市のコミュニティに対し、貢献できる良き企業市民でありたいと考えます。今後も地域に向けた貢献を行うことを約束します。」

関連リンク

関連記事

1

Related Articleビジネス × テクノロジーもっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年11月号

  • ・新型SUBARUレガシィ・アウトバック
  • ・Driving Report Special 新型トヨタ・ランドクルーザー、ライバル比較付き
  • ・SPECIAL FEATURE 国産スポーツ新世界

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る