ー 

VW「T-Cross」、2021年上半期登録台数 輸入車SUVカテゴリーで第1位を獲得

Writer:横田康志朗 

 フォルクスワーゲンは、SUVシリーズの中で最も小さなコンパクトSUV「T-Cross」の2021年上半期(1月~6月)における登録台数が5,193台*となり、輸入車SUVカテゴリーにおいて第1位を獲得したと発表した。

また、2020年6月に発売を開始したクロスオーバーSUV「T-Roc」は、2021年上半期(1月~6月)における登録台数が3,854台*となり、輸入車SUVカテゴリーにおいて「T-Cross」に次いで第2位となっている。

*日本自動車輸入組合(JAIA)モデル別輸入車新規登録台数に基づくVGJ調べ

▲コンパクトSUV「T-Cross」

 「T-Cross」は、コンパクトSUVとして日本の道路環境にマッチしたボディサイズによる取り回しの良さやラゲージルームの広さなどの実用性の高さなどが評価されている。2020年1月末より販売を開始し、2020年の年間登録台数は8,930台と輸入車SUVとしてトップの登録台数(VGJ調べ)を記録した。そして今年の上半期も第1位を獲得し、多くのユーザーに好評だ。

▲クロスオーバーSUV「T-Roc」

 「T-Roc」は、クーペのように流麗なボディスタイルを有したスタイリッシュなデザインが特徴なクロスオーバーSUVで、SUVならではの力強いデザインや見晴らしの良さ、さらに街中での取り回しの良さやスポーティな走りが高く評価されている。

フォルクスワーゲンは、「T-Cross」「T-Roc」に、今年5月にマイナーチェンジを施した「Tiguan」を加えた3モデルでSUVシリーズのラインアップを展開することで、引き続き多様化するSUVマーケットのニーズに応えていくとしている。

関連リンク

関連記事

1

Related Articleビジネス × テクノロジーもっと読みたい

What's News最新情報