ー 

オートエグゼ、新型CX-5のスポーツ仕様「スポーツバージョンKF-06B」公開

Writer:横田康志朗 

 オートエクゼは、新型CX-5用チューニングキットとして「AutoExe KF-06B」を先行公開した。

▲CX-5用チューニングキット「KF-06B」

 「SUVをスポーツカーのように乗りこなす」をテーマに、ビッグチェンジが施された新型CX-5に対応するチューニングキット第一弾として新設された「KF-06B」。より鮮明なスポーツ感覚を求めるドライバーに向けた新意匠のスタイリングキットと、オートエグゼが得意としている走りの定番パーツによりドライビングの愉しみを深化させた特別な一台へ進化させる。

新型専用スタイリングキットとして、「フロントアンダースポイラー」「スポーツサイドバイザー」「リアルーフスポイラー」「リアアンダースポイラー」を用意。カラーはブラックに統一されたスポーティ仕様に加えアクティブなSUVスタイルを表現したシルバー仕立てのアンダーガーニッシュを用意し多様化するユーザーの趣向に応える。今後フロントグリルなども設定される予定だ。

▲フロントアンダースポイラー。翼端のウェッジシェイプがフロント部に流麗な力強さを添える
▲スポーツサイドバイザー(ベンチレーション機構付)
▲リアルーフスポイラー(フローティングタイプ)
▲リアアンダースポイラー
▲フロントアンダーガーニッシュ
▲リアアンダーガーニッシュ

 スポーティ仕様のスタイリングキットの他に、力強くアクティブなSUVスタイルを特徴とする「アンダーガーニッシュ」も設定。前後バンパーに装着しSUVらしいアクティブなスタイルを主張する。シルバーメタリック塗装済でABS製。

 また。Functional Partsとして、「ローダウンスプリング」、「ストラットタワーバー」、「プレミアテールマフラー」「スポーツステアリングホイール」を公開。サスペンション、ボディ補強、吸排気、ブレーキを取り揃えた本格的なコンプリートパーツ群は今冬より順次発売予定の見通しだ。パーツの一部はマツダディーラーオプションとして選択が可能でフルラインアップを形成している。

▲ローダウンスプリングは、車高を約30mm下げスタイリングを向上。重心を下げる効果によりスポーティな走りを実現
▲ストラットタワーバーはフロント部左右のサスペンションを連結しボディを強化する
▲プレミアテールマフラー。ステンレス製でメインパイプ径φ60.5、テール径110×95mm(×2)
▲スポーツステアリングホイール。高品位ナッパレザー製フラットボトムタイプ。レッドセンターマーク付

 「AutoExe KF-06B」のデモカーは、東京オートサロン2022にて披露される予定であることが発表された。今後もパーツが追加される予定の新型CX-5個性化プロジェクトの続報に期待したい。

■商品詳細について
https://www.autoexe.co.jp/?page_id=23483

関連リンク

関連記事

1

Related Articleビジネス × テクノロジーもっと読みたい

What's News最新情報