ー 

日米欧、それぞれの市場でHV比率が高いトヨタ車は何か

Writer:カー・アンド・ドライバー編集部 

▲カムリは国内販売モデルはハイブリッド専用 アクアやプリウスらとともに専用はモデルはハイブリッド比率のランキング対象外
▲カムリは国内販売モデルはハイブリッド専用 アクアやプリウスらとともに専用はモデルはハイブリッド比率のランキング対象外

 日本で販売されているトヨタ・ブランド車の中で、最もハイブリッド比率が高いモデルは何か?

 プリウス、アクアなどのハイブリッド専用車を除くと、ハイブリッド比率が95%を超えるモデルが1台だけある。それは何か。

▲カローラクロスのHV比率は84.4%と高い

 正解は、クラウン。95.7%がハイブリッド(2021年実績、メーカー調べ)。

 2万1000台のうち2万90台がハイブリッドと、ほぼハイブリッド専用車といえる状況。

 これに続くモデルは84.4%のカローラクロス。3位がC-HRの82.5%、4位はカローラスポーツの81.5%。国内販売モデルでハイブリッド比率が80%を超えたモデルは、この4台。

▲クラウン ハイブリッド比率は95.7%

 では、米国で販売されたトヨタ車でハイブリッド比率が最も高いモデルは何かというと、シエナ。10万7990台中10万7130台がハイブリッドと、99.2%がハイブリッドだった。

 といっても、2020年にフルモデルチェンジし、シエナはハイブリッド専用モデルになった。同年11月から新型がディーラーに並び始めたが、2021年に入っても旧型で設定されていた3.5リッターV6搭載モデルが860台だけ販売されたと見るのが自然だろう。

▲2021年にフルモデルチェンジしたシエナはハイブリッド専用モデルになった
▲アバロン 米国で販売されるトヨタ車の中でHV比率が最も高い(50.0%)

 というわけで、実質的な1位はアバロンの50.0%(1万9460台中9734台)。2位はRAV4(40万7739台12万983台)で29.7%がハイブリッドだった。

 RAV4はプラグインハイブリッド(PHV)仕様(2万7707台)を合わせると、電動車比率は36.5%になる。3位はハイランダーの24.7%(26万4128台中6万5167台)である。

▲ハイランダーのEV比率は米国24.7% 欧州は75.9%

 欧州はどうか。11万4737台中11万2757台がハイブリッドだったC-HRが98.2%でトップ。

 カローラ・ハッチバック(ツーリングスポーツを含む)は12万7882台中12万2869台、96.1%がハイブリッド。

 2万2743台を販売したヤリスクロスは95.3%(2万1666台)がハイブリッドだった。

▲C-HRのHV比率は欧州98.3% 日本は82.5%
▲ヤリスクロスのHV比率は欧州95.3% 日本は69.9%
▲RAV4のハイウリッド比は日本と米国はほぼ同じ 欧州はハイブリッドが過半数を占める

 RAV4(PHVを除く)の販売台数は日本が4万5550台で、HV比率は32.8%。米国と欧州のRAV4の販売データを日本と同じようにPHVを除いて計算すると、どうなるか。
 
 米国のハイブリッド比率は31.8%、欧州は63.0%と、欧州のHV比率の高さが浮かび上がってくる。

関連記事

1

Related Articleビジネス × テクノロジーもっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年8月号

  • 【特集1】買って後悔しないクルマ
  • 【特集2】いまどきのクルマの買い方
  • 【連載】クルマの通知表

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

Special Magazine別冊

SUV YEAR BOOK 2022

  • 【特別企画】電動車のあるエコロジー&エコノミーな生活
  • 【特別企画】生活を豊かにする新ラグジュアリーSUVの真価
  • 【特集】国産・輸入SUVオールアルバム

SUV YEARBOOK 2022 CAR and DRIVER特別編

詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る