ー 

カリフォルニア州で急速に進むEV化の現状をレポート

Writer:土方細秩子 

▲テスラ・モデルY  2021年のカリフォルニア州で6万394台を販売した
▲テスラ・モデルY 2021年のカリフォルニア州で6万394台を販売した
▲テスラ・モデル3 カリフォルニア州ではBMW3シリーズ(1万2324台)の4倍以上売れている

 米カリフォルニア州の新車ディーラー協会が発表した数字によると、2021年の同州での新車販売台数ベスト5は以下のとおり。

1)トヨタ・カムリ(6万1599台)
2)テスラ・モデルY(6万0394台)
3)ホンダ・シビック(5万9818台)
4)トヨタ・RAV4(5万9153台)
5)テスラ・モデル3(5万3572台)

 合計で11万台以上を売り上げたテスラは前年比で69%増、同州内で登録されたEV(電気自動車)は累計93万811台となり、州内でのEVシェアは9.5%となった。つまり同州ではすでに10台に1台がEVなのだ。

▲写真はテスラの充電ポート

 カリフォルニア州の事情は、やや特殊であることは確かだ。昨年全米で売れたEVの過半数が同州内であり、EV用の公共バッテリーチャージポート数は3万4000基を数えている。つまり同州ではEV27.2台に1基のチャージポートが存在する。

 自宅ガレージなどに設置されたチャージポートを含めた総数は7万3000基になった。

 一方のガソリンスタンドは州内におよそ1万個所。1カ所当たりに平均8つの給油機があるとして、約8万台に給油できる計算になる。それでも、今年中にチャージポート数がガソリン給油機の総数を上回る見込みだ。

 参考までに日本のガソリンスタンドは2020年度末で2万9005カ所(経済産業省調べ)。この10年間で約8000カ所減少している。

▲GMのファクトリーゼロを訪問したバイデン大統領 ハマーEVとともに撮影に応じた

 これでもまだバッテリーチャージポートは圧倒的に足りない。カリフォルニア州は2035年から州内でのガソリン車の新規販売を禁止する法案を可決している。

 欧州や中国と比べるとまだEV普及率が低い米国の中で、こうした法案を持つ州は少数派だが、バイデン政権の環境政策もあり今後は全米でガソリン車廃止の方向に動くと考えられている。

 バイデン政権は「50億ドル(5750億円)をバッテリーチャージポートの増設に当てる」と発表したが、カリフォルニア州では州内だけで2030年までに120万基のポート増設を予定している。まさに州として完全に電動化に向かっている状況だ。

▲GMはEVgoと充電ポートの設置を進めている

 それが現れているのが昨年の新車販売だろう。昨年は前半だけの数字を見ると、初めてテスラ・モデル3がベストセラーカーになった。

 テスラは今年に入っても予約のデリバリーだけで年間の販売予定台数が消化する見込みだ。全世界販売で、創業以来初の年間販売台数が100万台突破を達成するのは確実。

 イーロン・マスク氏は「2025年には世界で数百万台の売上になる」と強気の発言を行っている。

▲F150ライトニング フォードのベストセラートラックFシリーズのBEV

 そんな中、厳しいのがガソリン車の販売だ。米国内のクルマのニュースを見ても、ガソリン車の新型モデルが大きなニュースになることは少なく、EVばかりが目立っている。一部には「ガソリン車はすでにオワコン」という見方も出ている。

 GMはすでに「2035年からガソリン車の製造を国内では廃止する」という方針を打ち出しているし、フォードも乗用車に関しては「2つのモデルを除いてすべてEVにする」としている。

 ピックアップや大型バンについても、両社ともにシボレー・シルバラード、フォードF150という人気車種のEVバージョンを発表した。

▲シボレー・シルバラードEV 2024年に発売予定と今年1月に発表された

 米国でも今年後半から来年にかけて、EVの新型モデルが次々に投入され、電動化はさらに進む。そうなるとユーザーが考えるのはリセールバリューの問題だ。

 日本よりもユーズドカー市場が活発な米国では、新車購入の際にリセールバリューは重要な要素のひとつになる。

 カリフォルニア州のように2035年からガソリン車の販売禁止を打ち出している州ではとくに、いまガソリンのニューモデルを購入しても10年乗り続けた場合、「その時点ではもはやガソリン車の需要がなくなり、リセールができないのではないか」、と考えるユーザーが増え始めている。

▲シボレー・エキノックスEV 2023年秋に発売予定 価格は3万ドル程度の見込み

 もちろん2035年になったからといって、道路からガソリン車が消失するわけではなく、ユーズドカー市場は存続するだろう。しかしバッテリーチャージポートが増えるのに対し、ガソリンスタンドは今後減少が見込まれている。

 現在でもEV27.2台に1基のポートに比べ、ガソリン給油機はガソリン車253台に1台という割合だ。給油のためにガソリンスタンドを探す必要がある、という時代はすぐそこまで来ている。

 この点は、現在の日本でも「ガソリンスタンドが減ったな」と感じているドライバーは多いのではないだろうか。

▲カリフォルニア州の新興EVメーカー、ルシード社のルシードエア

 おそらく数年内に州のベストセラーカーはテスラになるだろう。またリビアン、ルシードなどの新興EVメーカーも着々と売り上げを伸ばすと見られている。

 もしかすると2035年以降はガソリン車を所有することに対し特別課税が行われるかもしれない。

▲販売がスタートしたリビアン社のR1T リビアンはアマゾンから10万台の受注を得ている

 現在のEVはガソリン車に比べると高価だが、今後は安価のEVが市場に投入され、それに従ってEVの販売はさらに伸びる、と考えられている。

 現在カリフォルニア州では新たに建設される集合住宅、オフィスビル、ホテルなどの駐車場にバッテリーチャージポートの設置が義務付けられており、EV化への環境は整いつつある。

 EVはガソリン車に比べて耐用年数が長く、ソフトウェアアップデートで性能が更新できるという特徴がある。

 長い目で見れば、購入価格が高くても全体の所持コストは低くなる、といわれている。

 米国全体で見ればまだまだだが、カリフォルニア州だけを見るとガソリン車は今後、ますますEVに対して苦しい立場に追い込まれそうだ。

関連記事

1

Related Articleビジネス × テクノロジーもっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年8月号

  • 【特集1】買って後悔しないクルマ
  • 【特集2】いまどきのクルマの買い方
  • 【連載】クルマの通知表

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

Special Magazine別冊

SUV YEAR BOOK 2022

  • 【特別企画】電動車のあるエコロジー&エコノミーな生活
  • 【特別企画】生活を豊かにする新ラグジュアリーSUVの真価
  • 【特集】国産・輸入SUVオールアルバム

SUV YEARBOOK 2022 CAR and DRIVER特別編

詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る