ー 

2022年第1四半期・米国におけるマツダ車販売レポート。販売の60%以上を占める重要モデルは何か?

Writer:カー・アンド・ドライバー編集部 

▲CX-5   前年同期比24%以上の販売増を達成 マツダ車販売の3分の2を占める
▲CX-5 前年同期比24%以上の販売増を達成 マツダ車販売の3分の2を占める

 2022年第1四半期(1〜3月)、米国におけるマツダの新車販売は8万2268台。市場全体が低迷する中、前年比1.2%減と、ほぼ前年同期比を維持した。

 マツダの販売好調を支えるのはCX-5だ。5万653台を販売し、前年同期24.3%増。マツダ車セールスのうち約62%を占めている。

■2022年第1四半期 マツダの米国における新車販売
(メーカー発表のデータをもとに作成)
メーカー名=2022年/2021年(増減)

マツダ=82,268/83,258(-1.2%)

 マツダCX-5の5万653台は、第1四半期に販売された日本メーカー車の中で、第6位になる。CX-5以上の販売成績を達成したのはトヨタのRAV4(10万1192台)、ハイランダー(6万6026台)、カムリ(6万1505台)、シエナ(5万3182台)。ホンダのCR-V(5万8579台)。

 RAV4、CR-Vとともに好調な販売を続けてきた日産ローグのセールスは4万5235台、前年同期比約48%減と振るわなかった関係もありCX-5に先行された。

▲マツダCX-9 前年同期比11.5%増で販売1万台を突破

■2022年第1四半期 マツダの米国における新車販売
(メーカー発表のデータをもとに作成)
車名=2022年/2021年(増減)

マツダ3=9,492/9,992(-5.0%)
マツダ6=325/4,285(-92.4%)
MX-5ミアータ(ロードスター)=1,605/2,743(-41.5%)
CX-3=─/1,513(-)
CX-30=9,494/14,589(-34.9%)
CX-5=50,653/40,750(+24.3%)
CX-9=10,463/9,386(+11.5%)
CX-50=56/─(-)
MX-30=180/─(-)

関連記事

1

Related Articleビジネス × テクノロジーもっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年8月号

  • 【特集1】買って後悔しないクルマ
  • 【特集2】いまどきのクルマの買い方
  • 【連載】クルマの通知表

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

Special Magazine別冊

SUV YEAR BOOK 2022

  • 【特別企画】電動車のあるエコロジー&エコノミーな生活
  • 【特別企画】生活を豊かにする新ラグジュアリーSUVの真価
  • 【特集】国産・輸入SUVオールアルバム

SUV YEARBOOK 2022 CAR and DRIVER特別編

詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る