ー 

連載第11回目 3シリーズよオマエもか!? BMWにもいよいよ電動化の魔の手が!

Writer:小沢コージ Photo:小沢コージ

330e1web.png▲新型BMW330e試乗のため独ミュンヘンへ ドイツも暑い

●エンジンに代わる新しい電動味"駆け抜ける歓び"を模索中か

 日本では、まだあまり浸透してないかもしれませんが、ドイツメーカーの中でも電動化、とくに電池増し増しのプラグイン・ハイブリッド(以下PHV)戦略に積極的なのが、実はBMWです。

 たしかにメルセデス・ベンツは先日ピュアEVの「EQC」を日本で発表、アウディも同様の「e-tron」を国際発表しました。
 
 しかしBMWは、ほぼピュアEVの「i3」を2013年に世界発表、2014年から日本でも発売しています。事実上の"半分EV"といえるPHVモデルを3シリーズ、5シリーズ、7シリーズのセダン群に加え、X5や2シリーズ・アクティブツアラーにも展開しています。

 MINIクロスオーバーにも用意しているので、グループ内で全6車種もある。
 
 これだけたくさんのPHVが選べるプレミアムブランドはありません。

BMW330e充電口web.jpg▲BMWは2018年にEVとPHVで14万台を販売 価格も含めてPHVに熱心なのはあまり知られていない事実といえる
 
 価格戦略も積極的です。BMW版PHVは、電動化代をほとんど取らない!? という点が大きな特徴。
 
 たとえば旧型3シリーズのPHVモデルは330e、2L直4ターボ+モーター+バッテリーで610万円スタート。同じ馬力レベルの2L直4ターボ、330iとお値段はさほどかわりませんでした。2018年まで売られていた同じ2Lターボ+モーター+バッテリーのメルセデス・ベンツC350eは721万円から。価格は恐ろしく違ったのです。

330e3web.png▲新型BMW3シリーズ 上級クラスと間違えるほどゴージャス感がアップ ボディサイズもアップ
 
 そして今回、小沢がドイツ・ミュンヘンで乗ってきたのは、今春日本に上陸した7thBMW3シリーズの新型PHVモデル、330eです。

 聞けばBMWは2018年にピュアEVとPHVを合わせて14万台も売ったとのこと。
 
 つまり全体の6%以上なわけで結構な割合です。
 
 この2代目330eも気合が入っていること間違いナシ! なのです。ちなみに価格は装備倍増もあってか330e Mスポーツで654万円にアップ。しかし中身を考えるとほかのプレミアムより安いかも? といったところでしょうか。

330erearweb2.png▲電動化でもリーズナブルな価格設定でユーザーニーズに応える姿勢は注目したいポイント

●キモはいままでにない電動エクストラブースト!

 ミュンヘンで初めて見た新型330eですが、見た目はさらにリッパに、目ヂカラを増した3シリーズそのもの。

 全長は4.7mを超え、全幅も旧型は日本専用ドアハンドルまで作ってまで1.8mをキープしていたのが、ついに1825mmに。正直、幅の拡大は日本ではちとツラいです。が、その分、ハンドリングのソリッドさは増しています。扱いやすさを捨てて、味を取った! という感じでしょうか。
 
 新型330e、とにかく走り出しからステアリングフィールは上々。とくに道の広いアウトバーンでは、より広いトレッドがもたらす走り味に感銘。

BMW_3_Series_Plug-in_Hybrid-070web.jpg▲インテリアもプレミアムサルーンと呼ぶのにふさわしく本当に豪華に

 肝心のパワートレインですが、今回基本となる2L直4ガソリン直噴ターボは184psと出力は変わっていません。しかし、モータースペックが65kWから83kWに変わって電動感倍増。

 PHV用リチウムイオンバッテリーも7.7kWhから12kWhへとほぼ1.5倍になり、フル充電状態からのEV走行距離が30km代から59km(欧州基準値)に倍増しました。

raggege2web.jpg

raggegeweb.jpg▲バッテリーを大型化した新型 ラゲッジスペースはほとんど浸食されず フラットで使いやすいスペースを確保

 簡単にいうと、EVパフォーマンスが二倍になったと考えればいいでしょう。

 実際、乗ってみるとEVモード時の加速度はよりアップ。しかもそれがゆっくりアクセルを踏めば時速140kmまで続くのです。これは凄い。
 
 ただし、これは選んだ走行モードにもより、最も効率がよいハイブリッドモードや、パワフルなスポーツモードにすると全然違います。アクセルを踏み込むと、モーターとエンジンが両方回ってかなりパワフル。
 
 そして新型はここがキモなのですが、新たにエクストラブーストというモードが選べます。システム出力は252psから292psにアップ。システムトルクも420Nmとなり、まさに3L直6ターボに匹敵。0~100km/h加速は6秒を切るといい、かなりの韋駄天ぶり。

sportsmodeweb.jpg▲スポーツモードの中にあるエクストラブースト 電動化でも駆け抜ける歓びを味わえる仕様
 
 要するに新型330eは、電動パワーをより快楽方面に使えるように進化したのが最大の特徴なのです。

 とはいえ、小沢は正直、同時に乗った3L直6ディーゼルの330dに感銘を受けてしまいましたが(笑)。

BMW330drearweb.jpg▲新型BMW330dツーリングにも試乗

BMW330dツーリングweb.jpg

BMW330d室内web.jpg▲テーマからは外れますが330dの完成度にも感銘を受けました

 しかし、いまBMWが岐路に立たされているのは間違いないでしょう。新型3シリーズは自動化の方でも大きく進化し、世界最先端の3眼カメラや毎秒2兆5000億回の演算能力を持つモービルアイ「EyeQ4」というチップを採用してます。

 そして日本では夏頃から時速60km以下でのハンズフリー運転、つまり両手バナシ運転を、あの日産スカイラインより先に搭載します。

 駆け抜ける歓びも自動化、電動化の波からは逃れられない。目下、BMWニューテイストを絶賛模索中! という状態ではあるのです。

in330eweb.png▲電動エクストラブーストの加速フィールを堪能 新しい時代を感じます

1

Related Article連載・コラムもっと読みたい

What's News最新情報