ー 

テクノ社(デンマーク)の精緻なトレーラー

Writer:森永卓郎 Photo:森永卓郎

北欧文化の歴史が感じられるミニカー

森永卓郎さん160.jpg■プロフィール もりながたくろう●1957年、東京都出身。東京大学経済学部卒業。経済アナリスト、獨協大学経済学部教授。個人のコレクションを展示する"博物館(B宝館)"を、埼玉県・新所沢で一般公開中(毎月第1土曜日)

メインビジュアル.jpg▲1960年代に発売されたテクノ製カールスバーグ・トレーラー ベースはボルボのセミトラック ミニチュアモデルの全長は約190mm

 この連載は、基本的に乗用車を取り上げる方針にしているが、今回はあえて商用車を取り上げたい。ボクが大好きなミニカーがあるからだ。それは、1960年代にデンマークのテクノ社が作ったボルボのカールスバーグ・トレーラーだ。テクノは、乗用車だけでなく、同時に素晴らしい商用車を数多くリリースしている。中でも、このトレーラーはピカイチだとボクは思っている。

 何より、仕上がりが美しい。デカールで表現されたサイドの広告ペイントは色彩豊富で、思わず見とれてしまう。これが、50年も前のモデルとは、とても思えないだろう。

 しかも、このモデルが素晴らしい点は、北欧の文化があふれた作りになっているところだ。ご存じの方も多いと思うが、カールスバーグ社は、1847年にデンマークのコペンハーゲンで創業した世界第4位の老舗ビールメーカーだ。ちなみに、コペンハーゲンでいちばん有名な人魚の像は、カールスバーグ社が市に寄贈したものだ。

 カールスバーグ社のビールは、世界40カ国で醸造され、140カ国以上で販売されている。パネルのイラストは、その世界ブランドを表しているのだろう。世界各国の民族衣装が描かれている。もしかしたら間違っているかもしれないが、ボクの見立てでは、右から、アメリカ、スコットランド、ケニア、イタリア、ベトナム、メキシコ、アラスカ、そしてデンマークだ。

 そして、民族衣装の下に書かれている「OVERALT」という文字は、英語のOVER ALL、「どこにでも」という意味らしい。つまり、どこでもカールスバーグという、いかにも世界市場を意識したイラストになっているのだ。

 発売当時、テクノのミニカーはとても高価で、トレーラータイプの商用車は、さらにその数倍高かった。だから、ボクは子供の頃に買ってもらえたテクノのトレーラーはたった1台だけだった。そんな境遇の子供が多かったのだろう。テクノのトレーラーは、絶版市場でつねに数万円の値がつく人気車だった。

 ところが、最近になって、当時子供だったコレクターが次々に引退して、相場がずいぶん安くなってきた。ヤフオクで、1万円程度で手に入るケースが出てきたのだ。

 その値段でも高いが、最近の新車ミニカーの高騰を考えれば、リーズナブルな価格といえるだろう。このモデルは最近、ヤフオクで手に入れたものだ。テクノは、いまがコレクションのチャンスだろう。

1

Related Article連載・コラムもっと読みたい

What's News最新情報