ー 

祝! 創立100周年。マツダ・ロータリーの思い出

Writer:岡崎宏司 Photo:小久保昭彦

「風のような速さ」からロータリーエンジンの感動が始まった

2020年2月号RX-7 HP用張り込み.jpg▲写真は1989年式マツダ・サバンナRXー7 2ndモデルの後期型で最高出力は205㎰ マツダは2020年に創立100周年を迎える

 マツダのロータリーエンジン車は、環境問題対応などの難しさによって2012年で生産を終えた。しかし、ロータリーが、日本の誇るべきエンジンであり技術であった事実に、誰も異論はないと思う。  1967年、世界初の量産ロータリーエンジン車、コスモスポーツに乗ったときの感動はいまも忘れられない。その静かさ、滑らかさ、「風のような速さ」は、超の付く異次元感覚であり、まさに「革命」だった。

 マツダは看板技術として、多くのモデルにロータリーエンジンを搭載した。中でも、最も輝きを放ったのがRX-7ではないか。

 ロータリーエンジンのコンパクト性と軽量性を生かし、その長所を最大限にアピールしたRX-7の誕生は1978年。低いノーズのフロントミッドシップにロータリーエンジンを積むRX-7のルックスは、カッコよく、走りは刺激的だった。

 当然、世界のスポーツカーファンは大きな拍手で迎えた。中でも世界最大のスポーツカー市場、米国のユーザーは熱狂的だった。

 RX-7はコンパクトで軽量なだけでなく、理想的な重量配分と低いヨー慣性モーメント(旋回性能がいい)を持つ「リアルスポーツカー」だった。さらには、コンパクトなボディとタイトなコクピットがもたらす〝人馬一体〟感にも似た素晴らしい魅力があった。

 レースシーンでもRX-7はすぐに本領を発揮した。RX-7は表彰台の常連になった。アメリカのIMSA― GTレースで7年連続(1980~86年)チャンピオンに輝いた。

 RX-7はマツダのシンボルとして世代を重ねるごとに、車体もロータリーエンジンも発展していった。  パワーは1stモデルの130psから、2ndモデルはターボを得て185ps(後期型は205ps)、3rdモデルの最後期モデルは、280psにまで引き上げられている。

 RX-7ではないが、マツダ・ロータリー車の1991年ル・マン24時間レース総合優勝も、世界に誇れる輝かしい足跡だった。

マツダ・サバンナRX-7の主要諸元(1989年式)

グレード:GT-X(1989年式)
価格:5MT 247万1000円/4AT 256万5000円
寸法・重量:全長×全幅×全高4310×1690×1270mm ホイールベース2430mm 車重1250(ATは1270)kg
エンジン:654cc×2 直列2ローター・ロータリー(205ps/6500rpm 2kgm/3500rpm)
サスペンション:フロント:ストラット/リア:セミトレーリングアーム
ブレーキ:フロント:ベンチレーテッドディスク/リア:ディスク
タイヤサイズ:205/60R15 
駆動方式:FR 
乗車定員:4名

1

Related Article連載・コラムもっと読みたい

What's News最新情報