ー 

アバルト595コンペティツィオーネ賛歌

Writer:岡崎宏司 Photo:小久保昭彦

走ればわかる、サソリの情熱

2020年5月号岡崎コラム写真.jpg▲アバルト595コンペティツィオーネ

 アバルト595コンペティツィオーネは、正真正銘の「やんちゃ坊主」。見た目にも「ハンパではなさそう!」という感覚がグイグイ伝わってくる。ましてや、ベースが「愛らしいチンクエチェント」とあって、よけいにインパクトは強い。

 ギリギリまでローダウンされた車高と、1625mmの全幅の中にセットされた205/40R17サイズのタイヤは「いかにも走りそう!」だし、その奥に見える赤いブレーキキャリパーも、いかにも強力そうだ。

 キャビンでいちばん目につくのはダッシュボード上にセットされたターボのブーストメーターと、センターに位置する7インチのディスプレイ。センターディスプレイが装備されたのは2年ほど前だった。現行モデルはインフォテインメントシステムのUコネクトが採用され、アップルカープレイとアンドロイドオートが使える。スマートフォンと接続すれば、ナビをはじめ、いろいろな機能が使えて便利だ。

 エンジンは1.4リッター直4DOHC16Vインタークーラー付きターボ。ベース車のフィアット500が搭載する1.2リッター直4OHC8Vの最高出力は69psだが、サソリのバッジを付けたこのモデルは、180psにまで引き上げられている。

 トランスミッションは、いまどきちょっと珍しい3ペダルの5速MTが選べる。とにかく、ハイチューンエンジンとMTのコンビネーションはうれしいし、楽しい。

 スポーツモードを選んで発進する際に、うかつなアクセルの踏み込みは容易に前輪を空転させる。そのとき発生するトルクステアは大迫力だ。走り出した途端に、やんちゃ坊主の全貌が明らかになる。でも、その性能を手なずければ、面白いことこのうえない。

 乗り心地はかなり固く、粗さもある。けれど、それは「サソリのキャラクター」であり、楽しさの一部と受け止めればいい。

 とにかく「楽しいですよ!」と報告しておく。

■主要諸元

アバルト595(MT)
グレード:コンペティツィオーネ
価格:5MT 383万円
寸法・重量:全長×全幅×全高3660× 1625×1505mm ホイールベース2300mm 車重1120kg
エンジン(プレミアム仕様):1368cc直4DOHC16Vインタークーラー付きターボ 132kW (180ps)/5500rpm 230Nm(23.5kgm)/2000rpm (スポーツ時は250Nm、25.5kgm/3000rpm)
サスペンション:フロント:ストラット/リア:トーションビーム
ブレーキ:フロント:ベンチレーテッドディスク/リア:ディスク
タイヤサイズ:205/40R17
駆動方式:FF 
乗車定員:4名
パワーウエイトレシオ:6.22kg/ps
トルクウエイトレシオ:4.48kg/Nm(スポーツ時)

1

Related Article連載・コラムもっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年08月号

  • ・新車速報 新型日産キックス
  • ・総力特集 新型トヨタ・ハリアー
  • ・新車試乗 新型トヨタRAV4・PHV

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る