ー 

連載50回 硬派が作った初の快適派はどれだけ使える!? スーパーカーでゴルフに行く マクラーレンGT

Writer:小沢コージ Photo:小沢コージ

TOP.jpg小沢コージ●クルマや時計、時に世相まで切る自動車ジャーナリスト兼TBSラジオパーソナリティ。『ベストカー』『MONOMAX』『webCG』『日刊ゲンダイDIGITAL』「カーセンサーEDGE』で自動車連載、『時計BEGIN』で時計人物連載。毎週土曜18時50分TBSラジオ『小沢コージのカーグルメ』

●SUVも4WDも絶対に作らないと宣言したマクラーレン第4の柱

 フェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどなど、名だたるスーパーカーメーカーは数あれど、小沢がピュアで硬派だと思うのはイギリスのマクラーレンだ。F1コンストラクターから始まり、本格的なロードカー部門のマクラーレン・オートモービルが発足したのは2009年。いまからわずか11年前だ。

 しかし、2018年の世界販売はすでに4800台を突破し、急速にランボルギーニなどをキャッチアップ。しかも2018年には中期経営計画「Track25」を発表し、2025年までに18車種の新型車投入、すべてのスポーツカーをハイブリッド化するとしている。
 
 目標の生産台数は年間6000台。フェラーリには及ばないものの、台数はある程度狙っているわけだ。

フロント.jpg▲新型マクラーレンGT 価格:7SMT 2645万円
 
 しかし、マクラーレンが一番スゴいのは安易な量販モデルは作らないこと。
 
 たとえば、いまや年間28万台を発売するポルシェの約7割はSUVで、ランボルギーニも2018年には初の乗用SUV、ウルスを発表した。
 
 ぶっちゃけ、スーパーカーブランドが台数を稼ぐにはSUVや4名乗車モデル、4WDを作るのが最も手っ取り早いのだ。
 
 しかしマクラーレンは違う。2018年の720Sや2019年の600LT海外試乗会にも行ったが、いつもクチを揃えて「SUVは絶対に作らない」との一点張り。
 
 実際、Track25に新型SUV計画は絶対ない。

リア.jpg▲ボディサイズは全長×全幅×全高4683×2045×1213mm
 
 なにより、現在あるアルティメットシリーズ、スーパーシリーズ、スポーツシリーズの3種のシリーズは、すべてリアミッドシップのカーボンモノコックの2WDモデル。
 
 フロントエンジン車や4WDモデルは一切ない。すべては操縦性と運転する楽しさに割り切っているわけだ。
 
 ただし2019年に発表した"マクラーレンにしては"軟弱なモデルがある。
 
 それは現在3つのシリーズにもうひとつ加わるともいわれているGT、つまりグランドツーリングモデルで、最大の特徴はラゲッジスペース。

フロント開け.jpg▲フロントフードは大きな開口部を持ち、その下にはラゲッジスペースが用意される
 
 そう、リアに420リッターのスペースを持ち、フロントにも150リッターのトランク。合わせて570リッターと広く、とくにリアにはゴルフバッグが1セット、もしや軽量タイプなら2セット載るかも? という話なのだ。
 
 なんとも、頑固な硬派さのなかでの利便性だろう。

●マクラーレンGTは薄型ならゴルフバッグが2セット収納可能!

 論より証拠。先日、初めてマクラーレンGTでゴルフに行ってみた。
 
 細かくいうと、リアにはフルサイズのゴルフバッグの代わりに、185cmのスキー板2セットも載せられるとか。
 
 肝心のゴルフバッグだが、最初に小沢のバッグを積んだときは、バックドアが締まらず電動で跳ね上げられてしまった。

リア開け.jpg▲リアハッチ下には420リッターという大容量ラゲッジスペースを用意
 
 バッグの直径は8インチ。さらに付属のサンシェードも挟まって厚みがあり過ぎたらしい。シェードを外したら閉めることができた。

ゴルフバッグ1本.jpg▲ゴルフバッグ1セットの場合 ラゲッジネットで固定可能
 
 それより朗報は、8インチサイズであれば前後を互い違いにすると、2セット入るではないか! 
 
 通常のフルサイズのゴルフバッグ=直径8.5インチ以上だと難しいが薄型ならOK。つまり、マクラーレンGTならば彼女とのツーサムゴルフデートも可能なのである。

ゴルフバッグ2本.jpg▲薄型ゴルフバッグ2セットが積載可能 スーパースポーツとしては異例の積載性
 
 細かいことだがGTは標準でフロントサスペンションに電動リフトアップ機構が付く。電動スイッチひとつでノーズが約2センチ上げられるもので、これで狭い駐車場の入口やデコボコ路面でも安心。こんな装備がマクラーレンに純正で付く日がくるとは思わなかった。

フロントラゲッジ.jpg▲フロントフード下のラゲッジスペースは深い
 
 なにより肝心なのは走り味である。
 
 実はマクラーレンGT、現状ある2シリーズの合作で、骨格はスポーツシリーズから派生した「モノセルII-T」、エンジンはスーパーシリーズの4リッターV8ツインターボをディチューンしたもの。
 
 排気量は720Sと同じだが、出力は落とされ、ピークパワー&トルクは620ps&630Nm。ギアボックスはお馴染みの7速DCTだ。

ダッシュ斜め.jpg▲軽量で高剛性のCFRPモノコックを採用 サイドシルは太いが低いため乗り降りしやすい
 
 実際の味わいだが、最初に驚くのはステアリングフィール、乗り心地がいままでのスーパーシリーズ、スポーツシリーズより確実にマイルドなこと。とくに低速域の滑らかな路面では手応えの優しさを感じる。
 
 さらに高速に入り、アップダウンの多い道を走るとノーズが大きくストロークするのがわかる。正直、こんな柔らかいマクラーレンは初めてだ。

前席.jpg▲サスペンションの設定は可変式 ツーリング時はソフト
 
 サスペンションの設定を硬めのスポーツにし、飛ばすと完璧にリアルマクラーレンに変身する。ステアリングフィールはソリッドで、アクセルをベタ踏みすると速い速い。
 
 0-100km/h加速は3.2秒とトンデモなく、パワーも720Sよりないとはいえ620psもあり、車重は1.5トン台。ハッキリいって他のスーパーカーブランドのSUVや4シーターの走りとはワケが違うのだ。

真横.jpg▲スーパースポーツの優雅なフォルムと使い勝手を両立した新しい提案
 
 荷室の分、720Sと比べると全長は約14cm伸び、ホイールベースは5mm伸びたが、たったそれだけだ。

 確かに快適に便利になったとはいえ、不文律をほとんど崩してないマクラーレンGT。どれだけ硬派なブランドなのでしょうか、ねぇ?

1

Related Article連載・コラムもっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年08月号

  • ・新車速報 新型日産キックス
  • ・総力特集 新型トヨタ・ハリアー
  • ・新車試乗 新型トヨタRAV4・PHV

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る