ー 

これぞトヨタ初の自動運転! トヨタチームメイトを搭載した新型ミライは、なぜレベル3に踏み込んでこなかったのか?

Writer:小沢コージ Photo:小沢コージ

TOP.jpg小沢コージ●クルマや時計、時に世相まで切る自動車ジャーナリスト兼TBSラジオパーソナリティ。『ベストカー』『MONOMAX』『webCG』『日刊ゲンダイDIGITAL』「カーセンサーEDGE』で自動車連載、『時計BEGIN』で時計人物連載。毎週土曜17時50分~18時TBSラジオ『小沢コージのカーグルメ』

●なぜホンダに一歩遅れたのか?
 
 いまや電動化と並ぶクルマ界の2大トレンド、自動運転。

 先日ホンダが新型レジェンドに、世界初のレベル3自動運転、ホンダセンシングスマートを初搭載したことが話題となったが、ライバルはどうなのか? 

 さっそく4月頭、トヨタが新世代自動運転技術の「レクサスチームメイト」を新型LSに、「トヨタチームメイト」を新型ミライに搭載し8日、12日に発売すると発表。小沢もお台場でミライに乗れたのでリポートする。
 
 最大の注目はトヨタチームメイトのアドバンスドライブと呼ばれる支援機能が制限速度プラス15km/hまでのハンズオフは可能とするが、ホンダが投入してきたアイズオフ(目を離して運転する)、つまりレベル3に踏み込んでこなかったところにある。
 
 その理由を開発担当の川崎智哉氏に聞いた。

TOP2.jpg

川崎 お客様の安全安心を第1に考えました。やはりこの技術は発展途上で難しいところがございまして、お客様に安心して乗って頂くことを最優先に考えた場合、まずはレベル2で慣れて頂くということが大切なのかなと。

小沢 非常にトヨタらしい考え方ですね。世界初のレベル3技術実現みたいな目標はエンジニアをかき立てる部分もあると思うのですが、それ以上に安心安全を優先した。

川崎 はい。

小沢 同時に印象的だったのが今回レベル2技術までなのにもかかわらず「自動運転技術」という言葉を使っていたこと。レベル2までならば運転支援ですよね。つまり今後のアップデートでレベル3に上げるということですか?

川崎 お客様の安心安全がどんどん高まっていってそのレベルに到達した時に考えると考えることだと思います。

 担当者はハッキリとは明言しなかったが、小沢的には将来トヨタチームメイト、レクサスチームメイトは間違いなくレベル3に踏み込んでくると確信している。

●最も現実的なトヨタ流の解答

 一方、トヨタチームメイトを組み込んだミライだが、ハードウェア的にはレジェンドに匹敵する充実度だ。

フロント.jpg
 
 前方向けカメラはひと組のステレオカメラと長距離カメラともう一つの4つ。

カメラ.jpg
 
 同時に360度を監視する5つのミリ波レーダーと、前方を見る1つのライダーセンサーを備えている。

ライダー.jpg
 
 レジェンドは5つのライダーを備えるため少ないと思われるかもしれないが、トヨタ方式は今後ハードウェアアップデートも明言し、左右に2ずつ、さらにリアに1つの合計後3つのライダーセンサーが取り付けられるようになっている。

真横2.jpg
 
 このOTA(OVER THE AIR)中心の進化性能こそがトヨタ流の白眉で、今後同社はクルマ作りをソフトウェアファースト(ソフトウェア第一主義)にすると宣言。ミライもタイミングを見てソフトとハードをどんどんアップデートしていく。

リア.jpg
 
 現時点での走行性能だが、首都高を走り出し、速度などの条件が整い、メーター内に「Advanced Drive Ready」と表示され、ステアリング右メインスイッチを押せばレベル2運転支援が始まる。

運転.jpg
 
 モニターのグラフィックがグレーの時はハンドルに手を添えているだけで走行でき、ブルーに変わるとハンズオフも可能。実際に試してみたが不安感は全くない。

メーター.jpg
 
 それから、現時点ではトヨタもホンダも日産もハンズオフ機能自体にさほど差はないかと思いきや、結構違う。
 
 トヨタチームメイトは首都高中央環状線C1でもレベル2運転支援を可能とするのだ。
 
 実は日産もホンダもこの手をC1では使う事ができない。道があまりに複雑で、曲率も小さいからと思われるが、除外されているのだ。

ダッシュ斜め.jpg
 
 一方、実際にC1でトヨタチームメイトを使ってみたが作動速度はさほど速くない。首都高は時速50キロ制限区間も多く、そこではプラス10キロの時速60キロ以内でのみ運転支援が可能となるからだ。
 
 しかし、これが案外現実的で、ハンドルに手を添えてさえすれば、恐さが全くなしで、アクセルやペダルも踏まずにどこまでも運転することができる。
 
 アイズオフのような技術的なハデさはない。だが、トヨタチームメイトが現実的には今一番広い領域で使える「自動運転」といえるかもしれないのだ。

後席.jpg

ラゲッジ.jpg

1

Related Article連載・コラムもっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年12月号

  • ・新型レクサスNX
  • ・新型トヨタ・カローラクロスとライバル
  • ・特集 トヨタSUVワールド

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る