ー 

旧世代と新世代のいいとこ取り? いまだ買う価値ありまくりの マイチェンVWティグアンを徹底分析

Writer:小沢コージ Photo:小沢コージ

頭上.jpg小沢コージ●クルマや時計、時に世相まで切る自動車ジャーナリスト兼TBSラジオパーソナリティ。『ベストカー』『MONOMAX』『webCG』『日刊ゲンダイDIGITAL』「カーセンサーEDGE』で自動車連載、『時計BEGIN』で時計人物連載。毎週土曜17時50分~18時TBSラジオ『小沢コージのカーグルメ』

●パッケージングの良さはいまだぶっちぎり!

 約4年ぶりのマイナーチェンジを敢行したミディアムSUV、新型VWティグアンに乗ってきた。

 世代的にはゴルフ7時代のモデルであり、多少古くさい感じもなくはない。

 だが、実際に乗ってみるとデザイン、質感、パッケージングのどれも素晴らしく、とくにインテリアクオリティは最新モデルを凌駕するレベルだ。

 インプレッションとともにそのナゾを分析してみよう。

フロント.jpg

 わかりやすい部分からいうと、圧倒的に優れているのはパッケージング。この点ではヘタな最新SUVも超える。

 グレードにもよるが、全長×全幅×全高は4515(4520)×1840(1860)×1675mmと、旧型比で15mm伸びただけ。2675mmのホイールベースも全く変わらない。

 だがこの状態でも全長が4545mmのマツダCX-5、4600mmのトヨタRAV4、4670mmのメルセデスGLC、4720mmのBMW X3より短い。

リア2.jpg

 ところが乗るとビックリ。身長176cmの小沢がフロントに座った状態でリアに乗るとヒザ前にコブシが3個近くも余って、頭上も広い。

 さらに驚くのはラゲッジ容量で、この状態でも615Lと相当に広い。ヘンな話ここまでスペース効率の高いSUVはなかなかない。

 ポイントは高さ方向を重視したパッケージングだ。フロント&リアシート共に背もたれを立て、足を真っ直ぐ下ろすシートポジションになる。イマドキのスポーティSUVと考え方が違う。

 このパッケージングが影響しているのがスタイリングで、背が高くて箱っぽいザ・SUV! とくにリアクォーターピラーが寝ていてスタイリッシュな弟分のVW TーROCとはかなり違う。

真横.jpg

 マイチェンでは前後ライトデザインやバンパーデザインが変わり、ボンネット形状も進化して少しワイルドになった。

 水平基調のグリルは下に4本目のルーバーが入ってイマドキのVWマスクに。このあたりは微妙にリフレッシュしている。

●質感はゴルフ7世代の進化型で、ハイテク機能はゴルフ8世代!

 あらためて素晴らしいのはインテリアだ。

 現行ゴルフ7世代のモデルは総じて内装にお金がかかっていて、マッドな質感のソフトパットといい、カーボン調パネルといいかなり上質。

 実はインテリアにお金をかけない傾向もある最新世代VW車よりいいかもしれない。

ダッシュ斜め.jpg

 同時にいいのが走りとハイテク性能だ。

 骨格はゴルフ7譲りのMQBプラットフォームで剛性は相変わらず高い。

 さらに今回、従来の1.4Lガソリンターボに代わって100cc排気量がアップした1.5Lガソリンターボを搭載し、ギアボックスもDSGが6速から7速に多段化。

 スペック的には150ps&250Nmのピークパワー&トルクは同じだし、気筒休止システムも変わらず備えている。

エンジン.jpg

 だが、燃費はWLTCモードで最良14.3km/Lと向上してる上、乗った時のパワー感も上がっている。ギア比の最適化が幸いしているのだろう。

 足回りはとくに変わりなしというが、可変サスペンションのDCCを備える試乗車のRラインは乗り心地良好。

 厳密に格上のメルセデス・ベンツGLCやBMW X3と比べてどうかとはいい難いが上質感は高い。400万円台スタートのSUVとしては十分だろう。

前席.jpg

後席.jpg

 ハイテク性能も確実に進化している。

 1つは先進安全で、今後ゴルフ8などにも導入される「トラベルアシスト」を標準装備。

 これは可変追従クルーズコントロールとレーンアシストが同時に効くだけでなく、時速0〜210kmの範囲での高速同一車線運転支援を可能にする。

 スイッチひとつでアクセル、ステアリング操作が楽になるわけで使い心地はかなりいい。

 加えてベーシックグレードの「TSIアクティブ」を除き、全グレードに付くマトリクスLEDヘッドライトの「IQライト」や電子メーターの「デジタルコクピットプロ」、全車標準の静電容量式の「マルチファンクションステアリングホイール」はまさに新時代。

 従来型ティグアンには無かったハイテクぶりだ。

メーター.jpg

 今回のマイチェンモデルからディーゼル未対応になり、価格も400万円台スタートと「高くなった」と思う方もいるかもしれないが装備内容を見ると相当に充実。

 個人的には、いま買えるミディアムSUVとしての総合力はトップクラス。ぜひ一度実車に乗っていただきたい1台なのである。

ラゲッジ.jpg

足元.jpg

1

Related Article連載・コラムもっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年11月号

  • ・新型SUBARUレガシィ・アウトバック
  • ・Driving Report Special 新型トヨタ・ランドクルーザー、ライバル比較付き
  • ・SPECIAL FEATURE 国産スポーツ新世界

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る