ー 

実航続距離約350km! メルセデス初のコンパクト系EV、EQAは日本でも本当に人気となるのか?

Writer:小沢コージ Photo:小沢コージ

TOP.jpg小沢コージ●クルマや時計、時に世相まで切る自動車ジャーナリスト兼TBSラジオパーソナリティ。『ベストカー』『MONOMAX』『webCG』『日刊ゲンダイDIGITAL』「カーセンサーEDGE』で自動車連載、『時計BEGIN』で時計人物連載。毎週土曜17時50分~18時TBSラジオ『小沢コージのカーグルメ』

●バッテリーEV後進国ニッポン? にてコンパクト系メルセデスEVはどう

 いまや待ったなしの世界的EVシフト。

 なかでもドイツ勢のEV戦略は積極的で、VWのIDシリーズはもちろん、メルセデスも一昨年のEQCを皮切りにEQブランドをスタート。バッテリーEVモデルを連発しているが、ついに日本最適モデルが上陸した。コンパクトSUVのEQAだ。

フロント.jpg

 コンパクトというには1.8mを超える横幅がちょっとツラいが、全長4.4m台はなかなか扱いやすい。

 ただし、日本市場に限るとEVはまだ難しい部分もある。国産EV筆頭の日産リーフでも年販2万台レベル。2020年の国内実績を見ると、ハイブリッドは多いがバッテリーEV比率は1%以下。EVは魅力的だと思っても、充電事情などで二の足を踏むユーザーが多い。

 はたして期待のEQAはどうなのか? 実際乗って小沢が試してみた。

リア.jpg

 EQA最大のポイントは、骨格がガソリン車のキャリーオーバーである点。

 全長×全幅×全高が4465×1835(1850AMGライン)×1625mmというボディサイズからも想像できるが、プラットフォームはコンパクトSUVのGLAがベース。丸みを帯びたボディフォルムにしろ明らかにGLA譲りだ。

真横.jpg

●最大の要点は価格とリアシートスペース

 ベースが一緒とはいえ、見た目の独自感は高い。それは凝ったディテールのお陰だろう。
 GLAはヘッドライトとフロントグリルが分離しているがEQAは完全に一体化。ライト上部に鮮やかなブルーの装飾が入り、LEDラインがグリルを通じて左右繋がっている。

 さらにグリルに見える部分は実際にはその役目を果たさない。空気を通さないフラットパネルでGLAとは大きく異なるのだ。

 リアコンビネーションランプも同様。左右ライトがLEDライン入りのガーニッシュでつながり、フロント同様の一体感。夜になるとLEDラインが光り、一体感は一層高まる。

ダッシュ斜め.jpg

 一方でインテリアは、ほぼGLAのまま。10.25インチ×2の超横長ディスプレイはもちろん、ジェット機のタービンをイメージさせる3連エアアウトレットも同様。

 ただし、ディスプレイ内グラフィック表示は一部EQオリジナルになって、助手席前の装飾パネルも独特のハイテクメタリック調。それなりの"EV感"はある。

前席.jpg

 最大の問題はリアの居住性とラゲッジだろう。

 EQAは66.5kWhという巨大リチウムイオン電池を搭載している。それを前列床下から配しているため、リアシートの床は露骨に高い。

後席.jpg

 これこそがガソリン車プラットフォームをキャリーオーバーした最大のネガで、エンジンルームは逆にスペースが余っている。

モーター.jpg

 結果として、身長176cmの小沢がフロントに座り、次にリアに座ると、ヒザ前も頭回りも余裕だが、唯一両足モモ裏が浮いてしまう。シート座面が低すぎるからだ。

 ラゲッジも同様で、GLAから数10L少ない340L。このあたりは少々考える余地ありだ。

 一方、素晴らしいのは滑らかさと静粛性。190ps&370Nmのフロントモーターと66.5kWhの電池が生み出す走りは素晴らしい。

 発進加速はメルセデスらしくゆったりとした味わい、それでいてパワフルかつコントローラブル。テスラEVのような驚異的速さはないが、研ぎ澄まされたメルセデス・ベンツの振る舞いである。

 フル充電からの航続距離は422kmだが、今回初夏に乗った時点でのメーター表示は354km。

メーター.jpg
 正直もうちょっと欲しい部分もあるが、EVとしては上出来。長距離を含め、普段使いに困る部分は早々ないだろう。

 残る最大のネックは640万円という価格で、単純にGLAのベーシックグレードと比べると約145万円高い。

 だが、66.5kWhの大容量電池を考えると逆に安いともいえる。なぜならもしもメルセデスがEV専用プラットフォームを開発していたらこの値段じゃ済まないはずだからだ。

 骨格を共有しているからこそこの価格。補助金を上手く使えばもしや500万円台での購入も可能。メルセデスブランドの本気のEVと考えれば決して高くはない。

 はたしてEQA、日本でどれくらい人気となるか、注目だ。

ラゲッジ2.jpg

1

Related Article連載・コラムもっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年11月号

  • ・新型SUBARUレガシィ・アウトバック
  • ・Driving Report Special 新型トヨタ・ランドクルーザー、ライバル比較付き
  • ・SPECIAL FEATURE 国産スポーツ新世界

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る