ー 

ズバリひと言(読者の投稿)2019年5月号その1

Writer:カー・アンド・ドライバー編集部 

cfb2b92b9c7f909128f41525573eeb13407c790d.jpg

▲京都府 辻徳男さん

●クルマを購入してから、一度も使っていない装備は、ヘッドライトウオッシャーとリアフォグランプです。使う機会がないんです。  奈良県 未使用

●追い抜かれても、丸目4灯のテールランプを見て納得した若き日々よ。  岐阜県 坪井智康

●車検のとき、VWゴルフは排気触媒交換で10万円以上かかるという。思いきって廃車にして、4WDのブルーバード・シルフィを購入した。ワインディングの雪道でも力強い走りだった。ルノー・カングー、VWゴルフと輸入車に9年間乗ってみて、品質は国産車のほうがいいと思ったが、ボディの強度とスペースユーティリティは欧州車のほうがいいと感じる。長野県 木内久

●最近のスズキは、ジムニーやスペーシア・ギアなどに丸目ライトを使っているが、あれは同じ部品を使っているのだろうか。埼玉県 烏天狗

●前を走ってるクルマは? 新型レクサスかな、と思ったら新型BMW3シリーズでした。このごろはメーカー、ブランドを問わず車種がわからなくなってきました(笑)。 富山県 ま〜君

●最近は〝コーティング施工車対応〟と表示したシャンプー類が充実しています。ボクが希望する新製品は、花粉を効率的に落とすものです。花粉が付着して、うっすらと黄色くなっているマイカーを効率的にクリーンにし、花粉の付着を予防する効果があるといいのだけれど......。  群馬県 佐藤保昌

●この冬からスタッドレスタイヤ装着でもスノーチェーンの携行が義務づけられた区間があります。現在、2月半ばですが、この規制が適用されるほどの豪雪は報道されていません。雪で交通に支障がない点はいいのですが、4月上旬までは豪雪の可能性があります。みなさん、もう少しの期間、「備えあれば憂いなし」をモットーに安全運転を推進しましょう。  新潟県 鈴木大輔

●CD誌4月号に掲載されていた「新型マツダ3ハッチバック」を見て、ずいぶんフロントセクションにボリュームがあるクルマだなと感じました。Aピラーの起点がホイールハウスよりも後方にあり、リアのオーバーハングを小さく抑えている効果で、フロントが長く見えるのだろうか? 東京都 竹山紳一郎

●CD誌4月号の「ハッチバック・セレクション」、52〜53㌻の正面写真を見て気づきました。新型マツダ3は、「フロントグリルが特別に大きい」。カローラ・スポーツ以上のサイズだと思いませんか? 神奈川県 横川亮真

●スバル・インプレッサ・スポーツは、端正で上品な存在感がいいですね。CD誌4月号を見て、素敵なクルマだと思いました。奈良県 島田篤

2019年5月号杉山さん.jpg▲長野県 杉山勝宏さん

1

Related Articleカルチャー・ホビーもっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年11月号

  • ・緊急レポート 新型日産フェアレディZ
  • ・特集1 HOTハッチ頂上決戦!
  • ・特集2 こだわりステーションワゴン

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る