ー 

<新型スープラ特集>最初にスープラを名乗ったモデル

Writer:カー・アンド・ドライバー編集部 Photo:TOYOTA

米国でスープラ、国内はセリカXXの名称で発売

1979年トヨタ・セリカ・スープラ上半分.jpg※カタログは1979年版輸出用で16ページ編集。実寸は274×280mmです。セリカ・スープラは、日本で1978年4月にデビューした1stセリカXXの輸出仕車。「スープラ」の車名を最初に名乗ったモデルです。セリカ・スープラとセリカXXの内外装とメカニズムは基本的に共通で、セリカ・スープラは2.6リッターの直6OHCユニットを搭載していました。トランスミッションは5速MTと4速AT。駆動方式はFRで、ボディサイズは全長×全幅×全高181.7×65.0×51.8インチ(約4615×1651×1316mm)。パワーステアリング、4スピーカーオーディオ、6ウェイアジャスタブルドライバーズシートなどが標準で装備されていました。

2019年3月号_復刻版カタログ_セリカ・スープラ差し替え済み1.jpg

2019年3月号_復刻版カタログ_セリカ・スープラ差し替え済み2.jpg

2019年3月号_復刻版カタログ_セリカ・スープラ差し替え済み3.jpg

2019年3月号_セリカ・スープラ差し替え済み4.jpg

1

Related Articleカルチャー・ホビーもっと読みたい

What's News最新情報