ー 

ズバリひと言(読者の意見)2020年1月号その2

Writer:カー・アンド・ドライバー編集部 

2019年東京モーターショーをどう感じたか

2020年1月号HP用イラスト.jpg▲静岡県 武田茂樹

●シエンタのころから気になっていましたが、とくに新型ヤリスはシトロエン・ブランドだったころのDS3にそっくりだと思いませんか。世界戦略車とのことですが、海外のモータージャーナリストはどう思っているでしょう。新潟県 DS3オーナー

●量産予定車を1台も展示しないトヨタの東京モーターショーに対する取り組みは斬新でした。いつか〝東京モビリティショー〟のようなネーミングになる可能性があるかもしれません。その一方で、従来どおりコンセプトカーと市販車を粛々と展示するスタイルも「ありだな」と感じました。次回の東京モーターショーがどう展開するのか楽しみです。千葉県 高見慎一郎

●東京モーターショーに展示されていたハスラー・コンセプトを見て、内装がすごくよくなった、と感じました。キープコンセプト路線の2ndモデルが、どのようなパフォーマンスを披露してくれるのか気になります。新車解説と試乗記を、早く掲載してください。神奈川県 箕輪賢太郎

●レクサスが東京モーターショーで初披露したコンセプトカー、LF-30エレクトリファイドはメーカーの電動化技術と先進技術が満載で、実に興味深い1台だった。ショー会場でじっくり確認できて、大きな収穫だった。東京都 佐伯友彦

●天皇陛下の祝賀御列の儀(即位記念パレード)をテレビ中継で見た。隊列を整えたままゆっくりと進行する白バイとサイドカー、そしてセンチュリーのオープンモデル。世界のロイヤルファミリーからも、センチュリーの注文問い合わせがあるのだろうか。東京都 井上翔太

●天皇陛下のパレードの中継を見て、気づいた。豊川稲荷前の青山通りは、CD編集部が定点観測を実施しているところではありませんか。そして青山一丁目の交差点は、ホンダの本社があるところですね。埼玉県 遠山純一

●東京モーターショーに乗り物の〝ホウキ〟の展示。実際のホウキは、カバノキ、イチノキ、ハシバミで作られた製品に分かれ、それぞれが意味づけされた文化を持っています。東京 ヴァンクール

●東京モーターショーで多くの電動車両が展示されていました。道交法上でミニカー扱いになるEVのように、使用目的を絞り込んだモデルに魅力を感じました。タイで生産しているFOMMは、日本でも人気が出そうな印象を受けました。神奈川県 下田大也

●東京モーターショーのキッザニア・コーナーは充実していた。クルマ関連の仕事を体験できるコーナーは、大人を対象にしたブースを設定しても人気が出るのではないかと思いました。次回のショーに期待! 東京都 宗岡まさと

投稿受け付け中

 ズバリひと言にぜひ投稿をお願いいたします。

 文章の場合はこのリンク先(クリックしてくださいから投稿するか、メール(cdjp@car-ct.com)、もしくはハガキでお願いいたします。
投稿の内容としては、たとえば:『マイカー自慢」「ドライブ先の思い出」「日常的な交通ルールに関する疑問」「モータースポーツについて」「かつて所有していたクルマの思い出」「こんなクルマがほしい、理想のクルマ像」「将来のモータリゼーション」などなど、普段考えているちょっとした話をまとめてお気軽にお送りください。
 採用された方には、編集部から粗品をお送りさせていただきます。

 イラストの場合は、メール(cdjp@car-ct.com)、もしくはハガキでお願いいたします。イラストをメールでお送りいただく際は、2MB程度のサイズでお願いいたします。

 ハガキの宛先は
〒102-8301 東京都千代田区九段南 カー・アンド・ドライバー編集部 「ズバリひと言」係
 までお願いします。

1

Related Articleカルチャー・ホビーもっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年11月号

  • ・緊急レポート 新型日産フェアレディZ
  • ・特集1 HOTハッチ頂上決戦!
  • ・特集2 こだわりステーションワゴン

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る