ー 

NISMO FESTIVAL 2019

Writer:本橋康治 Photo:三浦憲之

日産車とニスモ車ファンの祭典開催

拡大表示用.jpg▲NISMOフェスティバルは例年12月に富士スピードウェイで開催されている 詳細はウェブサイト(https://www.nismo.co.jp/event/festa2019/)で確認を(写真をクリックすると大画面表示になります)

 日産・ニスモファンの祭典として、NISMO FESTINALはすっかり定着した。22回目となる2019年は12月8日(日)に開催され、全国から2万8000名が富士スピードウェイに集まった。

 NISMOのレーシングマシンやヒストリックカーが間近に見られるうえに、日産系レーシングチームで活躍するドライバーや監督とも交流できる。ファンにとっては貴重なチャンスだ。トークイベントには星野一義チームインパル監督や近藤真彦KONDO Racing監督、松田次生選手、高星明誠選手、ミハエル・クルムNISMOアンバサダーらが登場し、熱い声援を集めていた。

次生とクイタッレリ.jpg▲松田次生選手とロニー・クインタレッリ選手

 当コーナーでも何度かご紹介してきたように、2019年はスカイラインGT-RとフェアレディZがともに生誕50周年を迎えた年。これを記念して、今回は歴代のGT-RとZが主役としてフィーチャーされた。

 ピットガレージ内のミュージアムゾーンでは、日産の歴史を彩ってきた市販車とレーシングカー、今年限定販売されるNISSAN GT-R 50 by Italdesignなどが特別展示され、注目を集めていた。NISMOがメンテナンスを施した歴代レーシングカー10台がサーキットを走行。日産のレジェンドドライバーたちがステアリングを握り、心地よいサウンドをコース上にとどろかせ、来場者の声援を受けた。

ベストショット.jpg▲02年式スカイラインGTーR・VスペックⅡ(野田明彦さん・久美子さん)

 イベント広場に設けられたオーナーズパーキングには、歴代のZやGT-Rオーナー、現役NISMOカーのオーナーたちが、愛車を前にクルマ談義を楽しんでいた。

 この日集まった日産/NISMO車のオーナーたちにとっては、この先も長く記憶に残る、記念すべきフェスティバルになった。

*画面をクリックすると大画面表示になります

P118-119_2020年4月アイラブカーズ032.png

1

Related Articleカルチャー・ホビーもっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年07月号

  • ・新車解説・新型トヨタ・ヤリスクロス
  • ・新車解説・新型ダイハツ・タフト
  • ・バリュー・フォー・マネーなクルマたち

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る