ー 

シトロエンC3のS・オジェ選手が制覇(2019WRC第3戦)

Writer:ジョージナカジマ Photo:TOYOTA,CITROEN

優勝はシトロエンのS・オジェ選手

ラリーメキシコ表彰台縮小.jpg▲シトロエンC3のS・オジェ選手がメキシコを制覇 トヨタのタナック選手はドライバーズ選手権で首位に 

 2019年世界ラリー選手権(WRC)の第3戦ラリー・メキシコ(総走行距離1003.49㎞、SS21カ所、313.87㎞)は3月7~10日にメキシコの古都グアナファトを中心に行われ、S・オジェ選手(シトロエン)が優勝した。トヨタ・ヤリスをドライブするO・タナック選手は2位に入った。タナック選手は第2戦のラリー・スウェーデンで優勝、開幕戦の3位と、全戦で表彰台を獲得。メキシコ大会が終わった時点で、ドライバーズ選手権の首位に立っている。

 モンテカルロ、スウェーデンの"冬のラリー"から一転。夏に近い天候とSSの標高が最高で2700mを超える希薄な空気の中での激戦となった。トヨタはオープニングステージでタナック選手が2位、J・M・ラトバラ選手が4位、E・ラッピ選手が5位と好位置を確保した。

 デイ2からは今季初のグラベルの山岳戦。路面は滑りやすく、上位をキープしたトヨタ勢は路面の"清掃役"になった。しかし、タナック選手が終盤のSS3カ所でトップタイムをマークするなどの頑張りで、総合3位につけていた。一方、ラトバラ選手はオルタネーターを壊し、ラッピ選手はコースオフで後退した。

 3位につけていたタナック選手は、デイ3のSS11でターボのトラブルがあってパワーを失いタイムロスし、トヨタのグラベル勝利はお預けとなった。マニュファクチャラーズ選手権はトヨタが86点で首位。2位シトロエン、3位ヒュンダイとなっている。

14_WRC_2019_Rd3_242縮小.jpg▲ジャンピングスポットはWRCの見どころのひとつ 写真はトヨタ・ヤリス

1

Related Articleイベントもっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年12月号

  • ・巻頭特集 2021SUV最前線
  • ・特集 Japaneseスポーツレジェンド
  • ・スペシャルピックアップ 新型ホンダe 試乗記

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る