ー 

1959年から始まった歴史。ベントレーV8エンジンが60周年

Writer:伊藤治彦 

 ベントレーが誇るV8エンジンが誕生から60周年を迎えた。1959年、S2モデルに初搭載されて以来、その魅力は色褪せることなく、ファンを魅了し続けている。
 現行のミュルザンヌのラグジュアリー・リムジンにもその流れを受け継ぐV8エンジンを搭載。これまで23のベントレーモデルに採用され、時代とともに進化を遂げてきた。1959年から今日まで3万5898基が生産されている。

60 years of V8 (1) HERO_top.jpg
▲1959年にS2モデルに初めて搭載されたV8エンジンが60周年 V8の象徴である基本的な構造とサイズは60年経った今も健在という

 最新の6 3/4リッターV8ツインターボは、設計、エンジニアリング、ハンドビルドのすべてが英国のクルーで行われ、熟練技術者の手で15時間かけて仕上げられる。
 S2モデルに搭載された初代V8は、数十年の間に隅々まで改良が施されてきたが、V8の象徴である基本的な構造とサイズは60年経った今も当時のままだという。

 ベントレーのエンジニアリング責任者、ヴェルナー・ティーツは「初代V8はパフォーマンスの大幅なステップアップに加え、スムーズさ、信頼性、洗練性の向上を目指して設計されました。過酷を極めた試験は数十万マイル以上に及び、500時間のフルスロットル試験も行われました。その精神はベントレーが誇る6 3/4リッターV8にしっかりと受け継がれ、現行ミュルザンヌの成功を支えています」とコメントしている。

 初代V8エンジンの開発が始まったのは、ベントレー本社が現在のクルーに移転して間もない、1950年代初頭のこと。ベントレーのマークVI、Rタイプ、S1に搭載されていた6気筒エンジンに代わる新エンジンを秘密裏に開発するという命を受けたのは、シニアエンジンデザイナーのジャック・フィリップス。

60 years of V8 (5)_1.jpg
▲最初のV8エンジンは過酷な試験ののち最高レベルの厳格な基準を満たしているか点検を実施 誕生した6.2リッターV8エンジンは6気筒より30ポンド軽量だった

 フィリップスは、6気筒が収まっていたボンネット下のスペースにぴったりはまるサイズで、重量を増やさず、出力を50%以上アップするエンジンを目指した。彼はチームスタッフとともに、当然の流れとしてV型に辿り着き、設計開始からわずか18か月でエンジン性能試験にこぎつけた。形になったばかりのエンジンに対して行われた試験は過酷なものだった。テストベンチで500時間以上のフルスロットル試験はそのひとつだ。

 1959年には、そのV8エンジンを搭載したベントレーS2が発売。S2には、エアコンディショニングやパワーステ、電動式ライドコントロールなど、当時世界最先端の豪華な装備が搭載されていた。

60 years of V8 (6)_2.jpg
▲エンジン一基ずつをハンドビルド エンジン内部の重要部品は限りなくスムーズに回転するようバランスを考えて一つひとつ組み合わされていく 組み上がったエンジンは徹底的な試験の後に担当技術者の署名が入れられる

 最新の6 3/4リッターV8エンジンは、圧倒的なパワーと優れた燃費性能を備える。ドライバーズカーを意識したミュルザンヌ・スピードは、最高出力537ps、最大トルク112.2kg・m(1100Nm)、最高速度305km/h、0-100km/h加速4.9秒という驚異的な性能を発揮する。コンチネンタルGTとベンテイガには、排気量を小さくした4.0リッターのV8エンジンを搭載。このツインターボユニットは最高出力550ps、最大トルク78.5kg・m(770Nm)を誇っている。

1

Related Articleイベントもっと読みたい

What's News最新情報