ー 

マツダ3とCX-30がグランプリに輝く 〜オートカラーアウォード2019

Writer:伊藤治彦 

「オートカラーアウォード2019」で、「マツダ3」と「マツダCX-30」が、グランプリを受賞した。両モデルに採用している外装色「ポリメタルグレーメタリック」が、マツダ3については内装色「バーガンディ」、CX-30については内装色「ネイビーブルー/グレージュ」との組み合わせで受賞した。

P1J17689s_1.jpg
▲マツダCX-30 ボディカラー:ポリメタルグレーメタリック

 同賞は、日本流行色協会(JAFCA)が主催。12月19日に東京国際交流館プラザ平成(東京都江東区)で審査会が行われた。総合的に最も優れたカラーデザインに与えられる賞であり、マツダが同賞を受賞するのは2016年の「マツダ ロードスターRF」以来となり、今回が3回目。

P1J17691s_2.jpg
▲マツダCX-30 インテリアカラー:ネイビーブルー/グレージュ

 外装色のポリメタルグレーメタリックは、「樹脂独特のヌメリ感と金属感の融合」をイメージして生まれた新しい質感を表現。CX-30では、質感の高いネイビーブルーと明るいグレージュを組み合せた内装色とともに、「開放感あるクールモダンな世界」を表現。

P1J17688s_3.jpg
▲マツダ3 ボディカラー:ポリメタルグレーメタリック

P1J17690s_4.jpg
▲マツダ3 インテリアカラー:バーガンディ

 マツダ3では、エモーショナルな赤系色のバーガンディ内装との組み合わせで、「大人の色気を放つエキゾチックモダンスポーツ」を表現しているとマツダでは説明している。

 なお今回、同賞の特別賞は、三菱「eKクロス」と日産「デイズ」が同時受賞している。
 eKクロスの受賞したカラーは、ボディ色が「サンドイエローメタリック×ホワイトソリッド」と「ナチュラルアイボリーメタリック×サンシャインオレンジメタリック」、内装色が「ブラック&タン」。
 デイズはハイウェイスターが受賞し、ボディカラーが「ソーダブルー/アッシュブラウンの2トーン」、インテリアカラーが「プレミアムコンビネーションインテリア」で賞を獲得した。

1

Related Articleイベントもっと読みたい

What's News最新情報