ー 

ジャガーIペイスeトロフィー第3戦、初参戦の青木拓磨選手が表彰台

Writer:伊藤治彦 

 メキシコシティーで開催されたジャガーIペイスeトロフィー第3戦。トップの座を争うSimon Evans選手(Team Asia New Zealand)とSérgio Jimenez選手(ZEG iCarros Jaguar Brazil)が接戦を繰り広げ、アタックモードを駆使したSérgio Jimenez選手が1位でチェッカーを受けた。
 初参戦の日本人ドライバー、青木拓磨選手(チーム横浜チャレンジ)は、国際的な電気自動車のレースにおける初めての車いすレーサーとして、初の表彰台獲得を達成した(総合5位/クラス3位)。

J_Racing_eTROPHY_Mexico_2020_05_top.jpg
▲今シーズンから導入されたアタックモード 各レースの特定の時間帯にトルクとパワーが20%追加で提供される オーバーテイクのチャンスが増えた

 ジャガーIペイスeトロフィーは、FIAフォーミュラE選手権の公式サポートレース。世界初となる市販車ベースのフルバッテリー電気自動車(BEV)によるワンメイクレースシリーズだ。Iペイスeトロフィー専用のレースカーのみを使用するこのレース。未来のドライバーや定評のあるレーシングドライバーに、ゼロエミッションのモータースポーツの世界的な舞台で才能を披露する機会を提供する。最大20台ジャガーIペイスがグリッドに並ぶ。

J_Racing_eTROPHY_Mexico_2020_03_1.jpg
▲昨シーズンから始まったジャガーIペイスeトロフィー 2シーズン目の今季は8つの世界都市で10レースが開催される

 青木拓磨選手は、MotoGPの500ccクラスにホンダから参戦し総合5位を獲得した翌年の1998年、事故によって下半身不随に。それ以降も青木選手はモータースポーツに携わり続け、2009年のダカールラリーと2016年のアジアクロスカントリーラリーに専用車両で参戦。今回、ジャガー・ランドローバーのスペシャルビークルオペレーションズ(SVO)と、イタリアに本拠地を置くグイドシンプレックス社およびMスポーツ社が完成させた、足を使わずに操縦可能な特別仕様車で挑戦した。

J_Racing_eTROPHY_Mexico_2020_01_2.jpg
▲青木拓磨選手が国際的な電気自動車のレースにおける初めての車いすレーサーとして歴史に名を刻んだ

 青木拓磨選手は、次のように語っている。
「今回のこの素晴らしいリザルトは、⼀番うしろのグリッドからスタートしただけに本当に嬉しいです。今回、私は初めてこのレースに臨むこととなり、EVのレースもまた初めて、このサーキットも同様です。しかし、チーム横浜チャレンジのスタッフ全てが私を助けて、早くこれらに馴染めるようにしてくれました。さもなければ、このような結果を得ることはできなかったでしょう。また、クルマを単に私が運転できるようにしてくれただけでなく、トップポジションを狙えるようなクルマに仕上げてくれたジャガー・ランドローバーのスペシャルビークルオペレーションズ(SVO)、グイドシンプレックスそしてMスポーツに、私は大変に感謝をしています。」

 次回の第4戦は、4月3日(現地時間)に、イタリアのローマで開催される。

1

Related Articleイベントもっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年08月号

  • ・新車速報 新型日産キックス
  • ・総力特集 新型トヨタ・ハリアー
  • ・新車試乗 新型トヨタRAV4・PHV

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る