ー 

TOYOTA GAZOO Racing 2020年のWECとWRC活動は 「GRスーパースポーツ」と「GRヤリス」の開発に大きく関係

Writer:横田康志朗 

 TOYOTA GAZOO Racing(TGR)は2月7日、2020年のモータースポーツ活動計画を発表した。

2.jpg▲GRシリーズグローバルモデル第2弾として登場した新型車GRヤリス

 2019年は、ダカールラリー総合優勝を皮切りに、FIA世界耐久選手権(WEC)では、チーム&ドライバーズタイトル獲得とル・マン24時間レース2連覇を達成。FIA世界ラリー選手権(WRC)ではドライバー&コ・ドライバーズタイトルを獲得し、国内のSUPER GT、全日本スーパーフォーミュラ選手権でのチャンピオン獲得、全日本ラリー選手権でのクラスチャンピオンと、国内外において、「モータースポーツのトヨタ」を印象付けられるような飛躍の年となった。2020年もTGRは、国内外の様々なモータースポーツ活動に取り組んでいく。

3.jpg▲WEC 2019-2020年シーズンに参戦するTS050 HYBRID

 WECでは、TS050 HYBRIDでの最後の参戦となる2019-2020年シーズン、TGRはル・マン3連覇を目指す。また、9月から始まる2020-2021年シーズンでは、現在開発中のGRスーパースポーツ(仮称)をベースとしたレーシングカーにてル・マン ハイパーカー(LMH)クラスに参戦予定だ(参戦体制は後日発表)。

4.jpg▲2020年FIA世界ラリー選手権(WRC)に参戦するヤリスWRC(日本名ヴィッツ)

 WRCでは、ドライバー&コ・ドライバーの体制を一新。11月には10年ぶりにラリージャパンが愛知県・岐阜県で開催され、参戦を予定している。さらに、ドライバー育成では、世界で活躍できる日本人レース&ラリードライバーを育成するため、既存の各プログラムを統合・発展させたTGR-DC(TGRドライバー・チャンレンジ・プログラム)を推進。また、スーパー耐久に参戦するROOKIE Racingに車両を供給し、様々なドライバーが乗るプライベートチームの目を通して得られたノウハウを商品開発にフィードバックしていく。

 商品については、GRシリーズグローバルモデル第2弾として新型車GRヤリスを、東京オートサロン2020で世界初披露した。GRヤリスは、「トヨタ純正のスポーツカーを取り戻したい」という想いで、マスタードライバーのモリゾウこと社長の豊田 章男が、開発初期から自ら評価・テストを行なったクルマだ。これまでのWRC参戦で蓄積してきた知見を注ぎ、ユーザーにスポーツ4WDの楽しさを感じられるクルマを目指した。

 TGRはこれからも、モータースポーツの知見を商品開発に繋げ、GRシリーズの更なる拡充を目指す。

1

Related Articleイベントもっと読みたい

What's News最新情報