• TOP
  • 日産、電動パワートレイン「e-POWER」が「第52回 市村産業賞・貢献賞」を受賞

 ー 

日産、電動パワートレイン「e-POWER」が「第52回 市村産業賞・貢献賞」を受賞

Writer:横田康志朗 

 日産は、3月19日、公益財団法人市村清新技術財団主催の「第52回 市村産業賞」において「e-POWER」が貢献賞を受賞したと発表した。

1.jpg▲日産、電動パワートレイン「e-POWER」が「第52回 市村産業賞・貢献賞」を受賞

 「市村産業賞」は、日本の科学技術の進歩、産業の発展に顕著な成果をあげ、産業分野あるいは学術分野の進展に多大な貢献をした個人またはグループを表彰する賞だ。

 今回、受賞した「e-POWER」は、ガソリンエンジンにより発電し、その電力を利用してモーターの力だけで走行する、日産独自の電動パワートレインの総称だ。環境問題を背景に、自動車のパワートレインも電動化へのシフトが加速するなか、日産の「ノート」や「セレナ」に搭載している。

今回「世界初、100%エンジンで発電し、100%モーターで走行するパワートレインの開発」という部分を高く評価され受賞に至った。

2.jpg▲e-POWERの基本構成

 「e-POWER」は、日産がすでに量産している電気自動車の制御技術と部品技術を活用することに加え、エンジンを発電に特化した仕様・セッティングとし、バッテリー容量・出力と発電制御の出力とタイミングを最適化することで、性能とコストを両立させた世界で初めての電動パワートレインとして、量産車に実用した経緯を持つ。

3.jpg▲燃費性能

 「e-POWER」はシンプルなシステム構成のため技術的な信頼性が高く、システムを構成するコンポーネントも従来品を用いているため、高い品質レベルを確保しており、将来的にも電気自動車や内燃機関など、それぞれの進化を容易に反映できるシステムだ。そして、今後、拡大される自動運転との親和性も高く、あらゆる可能性を秘めた技術でもある。

燃費の良さに加えて、電動パワートレインならではのレスポンスの良いドライビングフィールをご提供することで、発売以来、ユーザーからは「運転して楽しい」と評価をされている。「e-POWER」は、「ノート」、「セレナ」を合わせて累計37万台*1を超える台数を販売(2020年2月末時点)。年間のCO2排出削減量は、約10万トン、ガソリン消費削減量は年間約4.4万kLにも及ぶ。

1

Related Articleイベントもっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年04月号

  • 羊の皮をかぶった狼

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る