ー 

怒濤の450ps、ランボルギーニの相棒に最適なスーパーワゴン!

Writer:西川 淳 Photo:小久保昭彦

アウディRS4アバント 試乗記

RS4-01.JPGアウディRS4アバント 価格:8SAT 1196万円

V6ツインターボ搭載。栄光の伝統を継承

 アウディスポーツと聞いて、「ちょっとスポーティなアウディ車のこと?」なんて思っているとしたら、いますぐ考えを改めてほしい。旧クワトロ社の社名をアウディスポーツ社と改めたうえで、R8RSシリーズを企画・生産するアウディのプレミアムスポーツブランドだ。ある意味、BMWMやメルセデスのAMGより過激なハイパフォーマンスカーを生み出している。

 アウディスポーツの最新作がRS4アバントだ。RSモデルのルーツは、1993年にポルシェとの刺激的なコラボレーション(当時業績不振だったポルシェ社救済の意味合いも強かった)で誕生したRS2アバントである。2.2リッター直5ターボ(315ps)を搭載し、ポルシェ用ホイールを装着したワゴンボディのRS2は、いまなお高い人気を誇る。

 RS2の伝統を継承した最新RS4アバントは現行A4シリーズのフラッグシップ。最大のニュースは、搭載エンジンを従来の4.2リッター・V8450ps43.8kgm)から2.9リッター・ V6ツインターボ(450ps61.2kgm)にダウンサイズした点。パフォーマンスを引き上げつつ、燃費など環境性能も向上させる手法は、ハイパフォーマンスカー界でも常識となった。もっとも、かつてのRS2もターボユニットだったから、RS44とターボの組み合わせは伝統の復活ともいえる。

RS4-02.JPGRS4アバントはアウディスポーツ社(旧クワトロ社)が企画から生産まで手がけるA4のスポーツフラッグシップ 最高速度は280kmh(リミッター作動)  駆動方式は4WD

精悍かつ精緻。エッジのきいたエアロデザイン

 RS4アバントのルックスはスパイシーだ。大型のバンパーグリルを左右に配したフロントフェイスは威圧的でさえあり、エッジのきいたエアロデザインは同じグループのランボルギーニを彷彿させる。全幅は標準比で25mm広くなっており、ベースとなったA4アバントとは別物の存在感を発する。2753020サイズのタイヤと大径9Jアルミが、クワトロらしく路面をつかんでいる。

 インテリアはラグジュアリーな仕立てだ。質感の高いスポーツシートに身を任せ、触感に優れたステアリングホイールを握りしめた。

RS4-03.JPGインパネはベース車のA4と共通形状 本革巻きスポーツステアリングはフラットボトム形状 メーターはフルデジタル12.3インチ液晶タイプ

過激にして洗練。最上のオールラウンダー

 発進加速は強烈だ。大トルクが発進時から高速域まで持続する。0→100km/h加速は4.1秒。スーパースポーツカー並みのダッシュ力だ。それでいて加速シーン、いや、ステアリングを握っているときはずっと、洗練された抜群の走りが味わえた。

 悪魔的な過激さが影を潜めたというとウソになる。過激は過激だ。実にRSシリーズらしい。けれども、その過激さを発揮するプロセスが、MAMGに勝るとも劣らず極上だ。それゆえ街乗りではまったくの高級車として振る舞える。

 RS4アバントは、圧倒的に速く、快適でユーティリティの高いオールラウンダー。スーパーなパフォーマンスを誇る、とびきり刺激的なワゴンだ。

RS4-04.JPGシートはサポート性が高いスポーツ形状 ファインナッパレザー仕上げ 前席シートヒーター標準 乗り心地はしなやか

RS4-05.JPG2893ccV6DOHC24ツインターボ 450ps57006700rpm 61.2kgm19005000rpm JC08モード燃費:11.2km/リッター

※次ページでスペックを紹介

1  2

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年08月号

  • ・新車速報 新型日産キックス
  • ・総力特集 新型トヨタ・ハリアー
  • ・新車試乗 新型トヨタRAV4・PHV

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る