ー 

パワフル&快適。フレンチ快足ツアラーはお好き?

Writer:森口将之 Photo:小久保昭彦

プジョー3008GTブルーHDi 試乗記

3008-01.jpgプジョー3008GTブルーHDi 価格:8SAT 448万円

ハイパフォーマンスを誇る2リッターディーゼル

 プジョーは、ディーゼル乗用車を販売して60年以上のキャリアを誇る。現在、日本で1.5リッターと2リッターの2種類の直列4気筒ディーゼルターボを308以上の車種に用意している。

 このうち1.5リッターは2018年末にそれまでの1.6リッターに代わって投入された新開発ユニット。一方の2リッターは2016年に登場し、2018年7月にATが6速から8速にバージョンアップされた。

 プジョーは、2リッターディーゼルにガソリンエンジンの高性能車に多いGTの名称を与えている。そのパフォーマンスに自信を持っているからだろう。

 スペックを見ればGTを名乗る意味が理解できる。3008のガソリンエンジンは1.6リッターターボ。スペックは最高出力165ps、最大トルク24.5kgm。一方、2リッターディーゼルターボのGTは、それぞれ177ps40.8kgm。とくにトルクの違いは圧倒的で、2倍近いアドバンテージがある。

3008-02.jpgGTブルーHDi3008シリーズ最上級グレード 2ℓディーゼル(177㎰)搭載 18インチアルミ/2トーンボディカラー/クロームサイドモール標準

加速は強烈そのもの!

 GTの車両重量は、ガソリンエンジンの3008と比べて100kg以上重い1610kg。だが、豊かなトルクがあるので、ほとんど問題にはならない。

 加速は強烈そのもの。GTのグレード名が即座に納得できる。駆動方式はFF。ビッグトルクを前輪だけで伝えるのだからグリップが不安になる。しかし、心配は無用。プジョー伝統のしなやかなサスペンションの効果で、濡れた路面でも持てる力を安心して解き放てる。

 6速から8速になったATは、豪快な性能にきめ細かなフィーリングを加えている。たとえば、高速走行時でも回転数は低く抑えられ、静粛性がアップした。

 燃費はJC08モードで17.8km/リッターと、排気量の小さなガソリン車の14.5km/リッターを大きく凌ぐ。

3008-03.jpgインパネは立体形状 ステアリングはプジョー独特の小径タイプ メーターは高い位置に配置 操縦性は素直な印象

乗り心地はフランス車らしい優しい感覚

 フットワークは素直で、高い全高をドライバーに意識させない。走りの軽快感はガソリン車に軍配が上がるが、一日に数百㎞を走破するロングランであれば、ディーゼル独特の落ち着き感が有利に作用する。

 乗り心地はフランス車らしい優しい感覚だ。力強いパフォーマンスと経済性を併せ持つパワートレーンをはじめ、快適性の面でもGTにふさわしいキャラクターを作り出している。

 3008のディーゼルはこれまで最上級車種のGTブルーHDi448万円)だけに設定されていたが、2リッターエンジンを積み価格を3999000円とした特別仕様車ブルーHDiクリーンエディションが2019年2月にデビューしていることを最後に付け加えておきたい。

3008-04.jpg大型シートは座り心地がいい 素材はレザーとアルカンターラのコンビ 後席足元空間は広い 乗り心地はしなやかで快適

※次ページでスペックを紹介

1  2

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年12月号

  • ・巻頭特集 2021SUV最前線
  • ・特集 Japaneseスポーツレジェンド
  • ・スペシャルピックアップ 新型ホンダe 試乗記

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る