• TOP
  • 12月で生産中止のトヨタ・マークX、有終の美を飾る250S"Final Edition"/250S Four"Final Edition"、特別仕様車登場

 ー 

12月で生産中止のトヨタ・マークX、有終の美を飾る250S"Final Edition"/250S Four"Final Edition"、特別仕様車登場

Writer:大貫直次郎 

トヨタ・マークXのファイナルを飾る特別仕様車がデビュー

 トヨタ自動車は424日、マークXの特別仕様車250S"Final Edition"」(3331800円)と「250S Four"Final Edition"」(3489480円)を発売した。今回の特別仕様車はそのネーミングの通り、2004年デビューのマークX、さらにはその前身で1968年デビューのコロナ・マークⅡ(1984年デビューの5代目からは単独ネームのマークⅡ)から連綿と続くトヨタ伝統の上級4ドアサルーンの最後を飾るモデル。マークXは、本年の12月をもって生産を終了する予定だ。

マークX1.jpg▲トヨタ・マークX250S"Final Edition" 価格:6SAT3331800円 全長4770×全幅1795×全高1435mm ホイールベース2850mm 車重1520kg ダークメッキのフロントバンパーモールやスパッタリング塗装の18インチアルミホイールを特別装備する

 "Final Edition(ファイナル・エディション)"のベース車は、4GR-FSE2499ccV6DOHCエンジン(203ps24.8kgm)+6 Super ECT(スーパーインテリジェント6速オートマチック)のパワートレインを搭載する2WDFR)の250Sおよび4WD250S Fourグレードで、外装にはダークメッキのフロントバンパーモールやスパッタリング塗装の18インチアルミホイール(2WD)などを特別装備して洗練された上質感を演出。ボディカラーはホワイトパールクリスタルシャイン、シルバーメタリック、プレシャスブラックパールの3色を設定した。

マークX2.jpg▲ブラックとレッドを配色したアルカンターラ+合成皮革のシート表皮やレッドを配色したソフトレザードアトリム表皮などがスポーティなムードを盛り上げる

 内装については、ブラックとレッドを配色したアルカンターラ+合成皮革のシート表皮とレッドを配色したソフトレザードアトリム表皮、レッドステッチ入りの本革巻き4本スポークステアリングホイール/シフトブーツ/インサイドドアグリップ/フロントコンソールボックス、ディンプル付きの本革巻きシフトノブなどを採用してスポーティかつ瀟洒な印象を際立たせる。また、駐車時の接触や衝突の回避に貢献するクリアランスソナー&バックソナーを標準装備するなど、安全性能の充実も図った。

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年1月号

  • ・新型SUBARU・WRX・S4
  • ・NEWマツダCX-5
  • ・特集 2022版最新Kカー選び

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る