ー 

<新型スープラ特集>SZ-Rの手強いライバルたち

Writer:西川淳 Photo:小久保昭彦

ライバル3:トヨタ86GR

IMG_6943.JPGトヨタ86GR 価格:6MT 496万8000円 86のスポーツポテンシャルを高めたスペシャルモデル 専用設定ザックス製ダンパー装着 ボディは各種ブレースを追加した高剛性仕様

定番FRスポーツ。同門対決

 トヨタ86がなかったらスープラ復活は見えてこなかったかもしれない。86はスープラと同様にメーカーコラボレーションで生まれたFRスポーツカーだ。専用シャシーを持つスポーツカー作りは、大メーカーであっても単独では困難な時代だからこそ生まれた。86とスープラの開発責任者は同一人物。しかし86とスープラでは、それぞれの共同開発車とのキャラクター分けがはっきりと異なる。86はBRZとできるだけ〝同じ〟であろうとした。走りのキャラクターに多少の違いはあるが、基本は軽量級スポーツカーだ。けれどもスープラとZ4はまるで違う。ここにも今回のコラボの意義があると思う。
 86・GRの全長は4290㎜。対してスープラは4380㎜。どちらも手ごろなサイズで、両車2ℓの4気筒エンジンを積んでいる。とはいえ、走りはスープラが完全に優位。スペシャルモデルの86・GRをもってしてもSZ―Rに十分対抗できるとは思えない。スープラは2+2ではなく完全2シーターであり、258㎰を発生する力強いターボエンジンと最新の足回り、強固なボディを持つ。とくに高い速度域におけるスポーツカー性能という点で、自然吸気207㎰ユニットを搭載した86の及ぶところではない。
 86の優れた点は、「使いきれる」パフォーマンスの持ち主であること。FRであるがゆえ、使いきれることは最大の魅力だ。「持て余す高性能より、自在にコントロールできる性能のほうが楽しい」と思えるユーザーは多いはず。86には確実にそれがある。ただ、SZならスープラでも使いきれそうだ。SZは足回りもコンベンショナルタイプ。SZと86・GRの比較なら、価格的にもほとんど同じで、実力は拮抗する。

IMG_7112.JPG操作性に優れた小径スポーツステアリングはGRのロゴマーク入り 各部アルカンターラ仕上げ ナビはディーラーop

IMG_6987.JPG全長×全幅×全高4290×1790×1320㎜ 車重1240㎏ SZーR比全長は90㎜コンパクト 車重は210㎏軽い エンジンは1998㏄水平対向4DOHC16V 207㎰/212Nm 最高出力/最大トルクはSZ―R比それぞれ51㎰/188Nmマイナス

※次ページでマツダ・ロードスターRFを紹介

1  2  3  4

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年12月号

  • ・巻頭特集 2021SUV最前線
  • ・特集 Japaneseスポーツレジェンド
  • ・スペシャルピックアップ 新型ホンダe 試乗記

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る