ー 

《シティ派SUV特集》C-HRが「現代を代表するクーペ」である理由

Writer:岡崎宏司 Photo:小久保昭彦

トヨタC-HR・G 試乗記

IMG_7016.JPGトヨタCーHR・G 価格:THS 292万9200円 CーHRはハイブリッドと1.2リッターターボを設定 駆動方式はハイブリッドがFF 1.2リッターターボはFFと4WD 足回りはザックス製ダンパーを使用 フロントがストラット/リアがダブルウィッシュボーンの4輪独立式

目立つ存在。その造形は視線を釘付けにする!

 C―HRはかなり目立つ存在だ。ミドルサイズのクロスオーバーSUVは、いまや多くのユーザーが関心を持っている。それだけに激戦区であり、競争が激しい分メーカーの力が入る。その結果、魅力的なモデルが次々誕生するという流れが生まれた。そんな市場環境の中で、C―HRは、フレッシュな印象を発散する。

 目立つ理由は、大胆なルックスにある。ダイナミックなホイールハウスデザイン、後席ヘッドクリアランスを削り取ってまで、スポーティなルーフラインと躍動的なプロポーションを描き出すデザイン性にこだわった結果、C―HRは、他車にない個性を身につけた。
 C―HRはスタイリッシュだ。「カッコいい」と思うユーザーは多いはずだし、それが購買動機につながるケースは多いだろう。
 インテリアはシンプルだ。エクステリアと調和のとれたモダンで機能的な装いである。

 パワーユニットは、1.8リッターエンジン(98ps)+モーター(72ps)のハイブリッドと1.2リッターターボ(116ps)の2種を設定している。販売主力モデルはハイブリッドだ。
 プラットホームはプリウスと基本を共用するが、ホイールベースは60mm短縮されている。軽快な走り味の理由の一端はここにある。

IMG_7024.JPGリアドアノブは上部に配置 ボディカラーは単色8種とツートン8種の全16タイプ 全長×全幅×全高4360×1795×1550mm

気持ちのいいスピードの伸び!走り魅力的

 パワートレーンはプリウス用を改良。電気式無段変速機の最終減速比は変更されている。「燃費寄り」のプリウスに対し、C―HRは「加速寄り」の設定となる。
 C―HRのスタイリングから、多くのユーザーはダイナミックな走りを期待するはずだ。そして、その期待は裏切られない。「すごい」という領域の走りではないが、「活発」と報告できる。
 とくに、日常的に多用する領域でのアクセルレスポンスは、ドライバーの期待に素直に追従し、気持ちのいいスピードの伸びが楽しめる。ただし、フル加速をしたり、スポーツライクな走りを楽しんだり、といった高回転領域に入ると、エンジンはちょっと苦しげな音や振動を伝えてくる。

 身のこなしはいい。軽快だし運転が楽しい。全高の高いSUVとしては、高速緊急回避(高速での急ハンドル)に対してスムーズに追従し、落ち着いて対処できる。乗り心地にも合格点がつく。
 C―HRは新しいトヨタの方向性を象徴するクルマのように思える。魅力的だ。

IMG_7155.JPGインパネは立体形状 上質なソフトパッド仕上げ 本革巻きステアリングに各種スイッチを配置

IMG_7200.JPGシート素材は本革とファブリックのコンビ フル本革はop(7万7500円) 室内長1800mm

IMG_7180.JPGメーターは2眼式 中央にシステム構成や燃費情報を表示 パワーメーター標準

※次ページでスペックを紹介

1  2

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報