ー 

レクサスRC Fを迎え撃つ4台の刺客たち

Writer:河村康彦 Photo:小久保昭彦

ライバル4:メルセデスAMGC434マチック・クーペ

IMG_2162.JPGメルセデスAMG・C43・4マチック・クーペ 価格:9SATC 969万円 CクラスのAMGは3ℓ・V6(390ps)のC43と4ℓ・V8(476〜510㎰)のC63を設定

スポーツ vs GT。日常性勝負

C43・4マチックは、サーキット走行も念頭に置いたAMGのトップモデルに対して、高い快適性にフォーカスをした新しいコンセプトによるスポーツモデル。2基のターボチャージャーが与えられたV6エンジンは、3リッターながら390㎰の最高出力と520Nmという最大トルクを発揮する。
 動力性能はAMGの名に恥じない。十分に刺激的だ。RCFと比較するとさすがに見劣りするが、少なくともサーキットで競わない限り、ハイウェイクルーズからワインディングランまで、どのような場面でも強力な加速が瞬時に味わえる。
 同時に、たとえ天候が悪化しても、優れたパフォーマンスを高い安心感とともに味わえる。これは4WDシステムの採用あってこそのメリットだ。それでいながら、後輪駆動モデルと変わらぬハンドリング感覚が得られるのは、前後31対69と、後輪側にバイアスが与えられた駆動システムだからだ。
 一方、Cクラス本来の使い勝手のよさをわずかにスポイルするのが、駆動系に変更が加えられたことで前輪の切れ角が小さくなり、最小回転半径が5.8mと大幅に大きくなったこと。RCFの5.3mとは大差がつく。
 快適性を失うことなくスピード性能とオールラウンドぶりに磨きをかけたC43・4マチックは、硬派なRCFとは異なる「オールマイティなクーペ」というキャラクター。ピュアにスポーツドライビングを楽しむならRCFだが、C43・4マチックは、ふだん乗りで魅力が光る。ボディタイプはクーペのほか、セダン、ワゴン、カブリオレが選べる。

IMG_2194.JPGインパネはCクラス共通形状 各部レザー仕上げ センターモニタ--は10・25インチ 安全・運転支援装備レーダーセーフティパッケージ標準

IMG_2182.JPG全長×全幅×全高4700×1810×1410㎜ 車重1720㎏ エンジンは2996㏄・V6DOHC24Vツインターボ 390㎰/6100rpm 520Nm/2500〜5000rpm RCF比91㎰/25Nm下回る

※スペックはすべて20196月現在

1  2  3  4

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報